カムカムエヴリバディが朝ドラの革命と言える訳

「100年3ヒロイン」「高速展開」という攻め方

(写真:NHK『カムカムエヴリバディ』公式サイトより)

「あ、ザ・朝ドラって感じだな」

まずは、そう感じながら見始めた新・朝ドラ『カムカムエヴリバディ』。まっすぐで健気なヒロインと、戦時下での純愛を軸とした展開は、朝ドラとしては、かなり既視感の強いものである。

それでも既視感を安心感・満足感が上回る理由として、まずはヒロイン・上白石萌音の存在がある。朝ドラの主役として、抜け落ちているポイントのまったくない「ザ・朝ドラヒロイン」。国語算数理科社会オール5の優等生という感じ。

2つのTBSドラマ『恋はつづくよどこまでも』(2020年)、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(2021年)で見せた純真無垢なキャラクターそのままに、与えられた世界観を見事に演じきる姿は、「なぜ、これまで朝ドラヒロインに選ばれなかったのだろう?」と思わせるものだ。

この連載の一覧はこちら

また、ヒロインとの純愛の相手役(現段階では)の松村北斗が、見事な掘り出し物だ。ジャニーズ発のユニット「SixTONES(ストーンズ)」からの抜擢。

SixTONESは、YOSHIKI作の『Imitation Rain』でデビューするなど、これまでのジャニーズの方向性に囚われないユニットだと解釈していたのだが、そこから出てきた松村北斗は、非常にオーソドックスな魅力を持っており、言わば「ザ・朝ドラ」に見事にハマる「ザ・朝ドラヒロインの相手役」。

若い頃の江口洋介をさらに精悍にしたような感じで、またせりふ回しも板についており、例えば昭和30年代だったら、日活映画の主役として重用されただろう。

「朝ドラ革命」を感じさせる3つの要素

と、脚本、ヒロイン、相手役、その他まとめて「ザ・朝ドラ」という安心感の『カムカムエヴリバディ』だが、その表面を剥ぎ取ってみると、とても野心的な要素にあふれている。大げさに言えば「朝ドラ革命」のような要素が埋め込まれているのだ。

「あ、早ぇ……」

第2回を見て私はそう感じた。『カムカムエヴリバディ』の「革命ポイント」として、まず挙げられるのは「高速展開」だ。それを最初に感じたのが、ヒロインの子ども時代がたった1日で終わり、上白石萌音が第2回で登場したとき。

従来の朝ドラでは、普通1週間、長ければ数週間、子ども時代が続くものだが、今回はたった1日。また、2週目でヒロインが相手役から求婚されるのというのも、かなりせっかちだ。

次ページあの大河ドラマを引き継いでいる?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT