ビートルズ「8時間映像」にファンが熱狂する理由

長尺配信による「蔵出し音楽映像市場」の可能性

ディズニープラスで全3話見放題で独占配信の『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』©2021 Apple Corps Ltd. All Rights Reserved.

「8耐」と言えば「鈴鹿8時間耐久ロードレース」のことを指すが、今、別の「8耐」が盛り上がっていることをご存じだろうか。それも、オートバイ・ファンではなく、ビートルズ・ファンの間で。

11月25日からDisney+(ディズニープラス)で配信が始まったドキュメンタリー映像『ザ・ビートルズ:ゲット・バック』のことだ。第1話が157分、第2話:174分、第3話:139分、トータルで何と7時間50分(470分)、おおよそ8時間!

驚くべきは、私の周りのビートルズ・ファンたちが、ディズニープラスを月額990円で契約しながら、「8耐」を次々と「完走」していることである。

それほどに、この映像作品の内容が興味深かったということなのだが、加えて、映画やパッケージ(DVDやブルーレイ)ではなく、ディズニープラスという定額型の動画配信サービスで「公開」されたことも、盛り上がりの背景にあると思われるのだ。

従来のジョンのイメージを変える映像

まずは『ゲット・バック』の内容について見ていきたい。

1969年1月に、ビートルズの4人がスタジオにこもって行われた、いわゆる「ゲット・バック・セッション」と、同年1月30日、ロンドンのビルの屋上で行われた、有名な「ルーフトップ・コンサート」の模様を収めたドキュメンタリー作品。

音楽ファンなら、ビートルズの映画『レット・イット・ビー』(1970年)を見られた方も多いだろう。簡単(かつ乱暴)に言えば、『ゲット・バック』は「あの映画の長い版」である。

この連載の一覧はこちら

それでも8時間もあるので、『レット・イット・ビー』で、かなり端折られていた、メンバー同士の生々しい会話が十分に詰め込まれている。

驚くのは、『レット・イット・ビー』でギスギスしていたメンバーが、あんがい和気あいあいとやっていることだ。特にジョン・レノンが、オノ・ヨーコをずっと横にはべらせながらも、終始ふざけて雰囲気作りをしている姿は、従来のジョンのイメージを変えるのに十分だった。

逆に第1話で、ジョージ・ハリスンが、主にポール・マッカートニーとの軋轢から、突然スタジオを後にして、自宅に引きこもってしまう姿などは、かなり痛々しい。

『レット・イット・ビー』よりも明るいビートルズと暗いビートルズ。丁寧にレストアされた高精細な画像によって、その両面がくっきり・はっきりと伝わってくるところは、マニアにとってたまらないはずだ。

次ページ8時間「完走」へのモチベーション
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT