「奴らは最低」ビートルズ活動初期の意外な秘話

ジョンとポールが初めて出会った日

デビュー間もない頃のビートルズ。左からポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョージ・ハリスン、ジョン・レノン(写真:Splash/アフロ)
ジョン・レノンらが「ザ・ビートルズ」として活動を始めたのは、1960年のことである。「ラヴ・ミー・ドゥ」によるレコードデビューは1962年。そんな時期からほぼ60年になる。そうした歴史の息吹を感じさせるのが、ジョンの家「メンディップス」だ。管理人を長く務めるコリン・ホール(71)の日本のファンに向けたオリジナルインタビュー。第2回は、リバプールで人気が沸騰し始めたビートルズの逸話などをお届けする。
第1回:ビートルズ誕生60年「歴史の証人」が語る実像

技術的に未熟な部分が多々あった

1960年代初めのビートルズはまだ四苦八苦状態だった。
音楽熱が高まるリバプールで次第に頭角を現していたとはいえ、ロンドンなどで活躍する人気アーティストのツアーに同行したり、それを逃したりといった状態が続く。そうした中、リバプールの音楽関係者が西ドイツ(当時)のプロモーターから「バンドをハンブルクに送ってほしい」と頼まれる。ハンブルクでは、リバプールから来たバンドが大人気を博していたからだ。依頼を受けたリバプールの関係者は、ビートルズに白羽の矢を立てる。
ところが、ビートルズが来ると聞いた同郷のデリー&ザ・シニアズはリバプールの音楽関係者に手紙でこう伝えた。
「何があっても、あのビートルズだけは送ってくるな。奴らは最低だ」と。

――デリー&ザ・シニアズが「ビートルズは最低だ」というのは、ビートルズが本当に下手だったからなんですか。それとも対抗心でしょうか。

デリー&ザ・シニアズは、本気でビートルズが下手だと思っていました。実際、ビートルズはまだ経験不足でしたし、技術でも未熟な部分が多々あった。固定ドラマーもいないし、(当時メンバーだった)スチュアート・サトクリフのベースは決してうまいとは言い難かった……。

しかし、ビートルズはハーモニーが際立って素晴らしかったんです。グループとしては不安定で、プロフェッショナリズムに欠けていましたが。

結局、ビートルズはハンブルクへ行った。これが歴史を変える一歩になったんです。トップのカイザーケラーではなく、ランクの下がるインドラ・クラブでの演奏でしたが、ここで経験を積み、バンドとしての一体感も生まれ始めました。

カイザーケラーに移る頃には、デリー&ザ・シニアズもビートルズの才能を認めるようになったんです。カイザーケラーには、リンゴ・スターが所属していたロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズも出演していました。

次ページ観客が怒涛のようにステージに押し寄せた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT