51歳、栃木で「生姜の展示館」作った男の稼業

「岩下の新生姜」はだから若者にも愛される

「恩返ししたいと思って作った施設です」(筆者撮影)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第28回。

一歩中に入るとピンクの世界

最近話題になっている観光スポット「岩下の新生姜ミュージアム」に足を運んだ。ここは岩下食品の商品「岩下の新生姜」をモチーフにした施設である。

この連載の一覧はこちら

岩下食品本社のある栃木県栃木市に建てられている。マジメそうな外観の建物なのだが、一歩中に入るとピンクの世界につつまれた。

ピンク色のジンジャー神社は御神体もピンクの新生姜。こま犬の場所にはツノが新生姜の鹿(イワシカ)が建てられている。

高さ5メートル、天井までとどく新生姜のかぶりものがあったり、イメージキャラクターであるピンクのアルパカが大量に並んでいるスペースがあったり、擬人化した新生姜と恋人気分で写真が撮れる“新生姜の部屋”があったりと見ていて飽きない。

新生姜の巨大なかぶりもの(筆者撮影)

もちろん歴代の岩下の新生姜のパッケージギャラリーや、新生姜の誕生物語を知ることができるマジメなコーナーもあるのだが、どうしても奇抜なコーナーに目がいってしまう。

またピンク色のグランドピアノが設置されたステージがあり、ここではさまざまなミュージシャンを呼んで無料ライブが開催されている。

館内にあるカフェでは、岩下の新生姜を使用したメニューが食べられる。ただしお漬物らしい和風のメニューではない。

ピザ、スパゲッティ、新生姜肉巻きなど、ひとひねり加えたオシャレな洋風のメニューだ。

次ページ岩下和了社長に話を聞く
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 女性の美学
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。