「悪の手引書」編み出した男の強烈なとがり方

とにかくたくましく能天気に、したたかに

データハウスの社長、鵜野義嗣さんに話を聞く(筆者撮影)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむと古田雄介が神髄を紡ぐ連載の第29回。

とがったタイトルの本ばかり

データハウス社から出版されている本を見てみると『悪の手引書』『危ない1号』『覚醒剤大百科』『人の殺され方』『銃器使用マニュアル』『コンピュータ悪のマニュアル』……などなどドギツイタイトルが並んでいる。

これだけとがったタイトルの本を作っているということは「好きな人だけ買えばいい」という採算度外視のスタイルなのかな? と感じる人もいるかもしれない。

ヒット企画のアイデアはどのように作られたのだろうか?(筆者撮影)
この連載の一覧はこちら

だが実際には、数十万部を売り切った本が何冊もある。小さい出版社としてはかなり頑張っている数字だ。

ヒット企画のアイデアはどのように作られたのだろうか? データハウスの社長、鵜野義嗣さんに幼少期からの話を聞いた。

次ページいかにも昭和30年代の田舎の子ども
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。