業界人が「売れない」と断言したビートルズの逆襲

『ジョン・レノン 最後の3日間』Chapter11

『ジョン・レノン 最後の3日間』から、「売れない」宣告をされたマネジャー、ブライアンの奮闘をお届けします(写真:iStock/Paul Hanley)
エミー賞9度受賞のほか、エドガー賞、アメリカ国人文科学勲章、アメリカ文学界奉仕功労賞を受賞しているアメリカでも有数のストーリーテラーの名手ジェイムズ・パタースン。そ
彼が、ポール・マッカートニーをはじめとする関係者への独占インタビューを盛り込み、ビートルズ結成60周年、解散50周年、ジョン・レノン射殺から40年の節目であった昨年、満を持して上梓したのが、ニューヨーク・タイムズベストセラーにもなった『The Last Days of John Lennon』でした。
今回はその翻訳書『ジョン・レノン 最後の3日間』の中から、Chapter14・11を丸ごと、東洋経済オンライン限定の試し読みとして3日連続・計3回に分けてお届けします。

リバプールのバンド人気投票1位に輝いたビートルズ

人の好みはそれぞれ違う
──「エヴリデイ・ピープル〈Everyday People〉」

1961年12月13日、ブライアン・エプスタイン(リバプールのレコード店の経営者で、当時ビートルズのマネジャーを買って出ていた)は、ロンドンの大手レコードレーベルであるデッカのA&R(アーティストの発掘・契約・育成や楽曲の制作を行う)担当であるマイク・スミスを、キャバーン・クラブに招待した。

ビートルズの演奏を生で聞かせるためだ。

ライブを観たスミスはビートルズをいたく気に入り、翌年の1月1日にロンドンに来るようにと彼らに伝えた。

そして同じころ、ビートルズは『マージー・ビート』誌上で行われたリバプールのバンド人気投票で、ジェリー&ザ・ペースメーカーズとロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズを抑えて堂々1位に輝いた。

張り切ったブライアンは、メンバー全員にクリスマス・プレゼントとして旅行用の目覚まし時計を贈った。

カード代わりの名刺の裏には、「みんなが時間どおりに来られるように、僕からのほんの気持ちです」としたためられていた。

ビートルズのその年最後の仕事は、12月27日にキャバーンで開かれる「ビートルズのクリスマス・パーティー」というイベントだった。

ところが直前になって、ドラマーのピートから体調を崩して参加できなくなったと連絡が入った。

そこで代わりのドラマー候補として、3人が口をそろえて挙げた名前は、リンゴ・スターだった。

次ページ代わりにドラマーとして参加したリンゴ・スター
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT