ビートルズ、2人が夜の街で出会った運命の瞬間 「ジョン・レノン 最後の3日間」Chapter1

拡大
縮小
ジョン・レノンとポール・マッカートニー、出会いの瞬間とは?(写真:iStock/andylid)
エミー賞9度受賞のほか、エドガー賞、米国人文科学勲章、米国文学界奉仕功労賞を受賞している米国でも有数のストーリーテラーの名手ジェイムズ・パタースン。
彼がポール・マッカートニーを始めとする関係者への独占インタビューを盛り込み、ビートルズ結成60周年、解散50周年、ジョン・レノン射殺から40年の節目であった昨年、満を持して上梓したのが、ニューヨークタイムズベストセラーにもなった『The Last Days of John Lennon』でした。
今回はその翻訳書『ジョン・レノン 最後の3日間』の中から、Chapter1・4・11を丸ごと、東洋経済オンライン限定の試し読みとして3日連続・計3回に分けてお届けします。

彼って、ちょっときみや僕に似てないかい?
――「ひとりぼっちのあいつ〈Nowhere Man〉」

「お前もきっと、ジョンのことが気に入るよ」

ポール・マッカートニーの友人、アイヴァン・ヴォーンは言った。

「すごいやつなんだ」

ポールも、ジョン・レノンのことを知ってはいた。といっても、遠くから見かけたことがある、という程度だ。

ジョンもポールと同じアレートン~ウールトン路線のバスで通学していたが、彼は年上でもうすぐ17歳だったし、言葉を交わしたことは一度もなかった。

その日、ジョンは自分のバンドであるザ・クオリーメンを率いてセント・ピーターズ教会の催しで歌うことになっていて、15歳のアイヴァンとポールは、それを聞くために自転車で駆けつけたのだ。

といっても演奏を聞きたがっていたのはアイヴァンで、ポールのお目当ては女の子だった。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT