菅政権に期待する政策は? 半数近くが財政再建に期待、子供手当では世代間ギャップが顕著--東洋経済1000人意識調査

菅政権に期待する政策は? 半数近くが財政再建に期待、子供手当では世代間ギャップが顕著--東洋経済1000人意識調査

菅直人政権に最も期待する政策としては、「財政再建」が4割強に上った。「子ども手当の満額支給」「高速道路の無料化」といったバラまき的な政策への期待はそれぞれ1割以下しかない。それよりも、「政治とカネ」問題への対応が急がれる。

属性による差が顕著に見られたのは、「子供手当の満額支給」だ。20~30歳代の期待度が高く、とりわけ30歳代女性に限れば、財政再建と同程度の割合になっている。逆に、50代以上の子育て卒業世代では極端に割合が低くなっており、世代間のギャップがあらわだ。

この子育て卒業世代は逆に、財政再建に対しての期待度が高くなっている。 

■性別・年齢別クロス集計 [+表をクリックで拡大]

■地域別クロス集計 [+表をクリックで拡大]

>>>次ページ以降に各政策に対する属性別の期待度の詳細

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。