菅政権に期待する政策は? 半数近くが財政再建に期待、子供手当では世代間ギャップが顕著--東洋経済1000人意識調査

菅政権に期待する政策は? 半数近くが財政再建に期待、子供手当では世代間ギャップが顕著--東洋経済1000人意識調査

菅直人政権に最も期待する政策としては、「財政再建」が4割強に上った。「子ども手当の満額支給」「高速道路の無料化」といったバラまき的な政策への期待はそれぞれ1割以下しかない。それよりも、「政治とカネ」問題への対応が急がれる。

属性による差が顕著に見られたのは、「子供手当の満額支給」だ。20~30歳代の期待度が高く、とりわけ30歳代女性に限れば、財政再建と同程度の割合になっている。逆に、50代以上の子育て卒業世代では極端に割合が低くなっており、世代間のギャップがあらわだ。

この子育て卒業世代は逆に、財政再建に対しての期待度が高くなっている。 

■性別・年齢別クロス集計 [+表をクリックで拡大]

■地域別クロス集計 [+表をクリックで拡大]

>>>次ページ以降に各政策に対する属性別の期待度の詳細

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。