「売れない52歳芸人」が仕事ほぼゼロでも食える訳

「コラアゲンはいごうまん」という生き方

「売れない芸人」コラアゲンはいごうまんさん。彼がコロナ禍でも芸人として生きていける秘訣とは?(写真:梅谷秀司)
この記事の画像を見る(3枚)

新型コロナは多くの業界に打撃を与えた。その最たるものがエンタメ業界だ。イベントや舞台は中止もしくは制限を余儀なくされ、あのシルク・ドゥ・ソレイユすら破産申請に追い込まれた。では、ただでさえ売れていない芸人は、コロナ禍でどうなってしまったのだろう。

ピン芸人のコラアゲンはいごうまんさん(52歳・以下コラアゲンさん)は、「売れない・食えない・笑えない 年収100万円芸人物語」というドキュメンタリー番組に取り上げられたこともある、“売れない”芸人である。

ここ10年ほどは、お笑い活動だけで「ぜいたくしなければ何とか生活できるくらい」の収入を得られていたそうだが、コロナで窮地に追い込まれているのではないか。

筆者は2017年にコラアゲンさんについて記事を書いたが、いったい今、彼はどんな生活をしているのか。

9月上旬、取材をしたいと連絡をしたところ、「わかりました、今月のNGな日を伝えますね」と送られてきたのはたった3日。それ以外はスケジュールが白紙なのか……と、この時点でちょっと切なくなった。

コラアゲンさんの特殊なネタ

最初に紹介すると、コラアゲンさんのネタや収益モデルは少々特殊である。ネタは、一般的にあまり知られていない人や場所に密着取材し、「体験型ノンフィクション漫談」として披露するもの。過激な内容も多く、ネタの時間も長いことから、テレビにはほぼ出ず、ライブ活動を中心としている。

後述するが、所属の個性派集団「ワハハ本舗」の中でも独特な生き方をしてきた人物である。

活動の目玉は、毎年5月~11月にかけて、全国約50カ所を回るライブツアーだ。ただライブと言っても、主催者は彼を応援する一般人がほとんど。会場も個人宅やスナックや会議室などで、20人規模が中心。このドサ回りスタイルの活動が、彼の年収の7割を占めている。

次ページコロナ禍でツアーが中止になるが・・・
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT