「売れない52歳芸人」が仕事ほぼゼロでも食える訳 「コラアゲンはいごうまん」という生き方

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17
拡大
縮小
「売れない芸人」コラアゲンはいごうまんさん。彼がコロナ禍でも芸人として生きていける秘訣とは?(写真:梅谷秀司)
この記事の画像を見る(3枚)

新型コロナは多くの業界に打撃を与えた。その最たるものがエンタメ業界だ。イベントや舞台は中止もしくは制限を余儀なくされ、あのシルク・ドゥ・ソレイユすら破産申請に追い込まれた。では、ただでさえ売れていない芸人は、コロナ禍でどうなってしまったのだろう。

ピン芸人のコラアゲンはいごうまんさん(52歳・以下コラアゲンさん)は、「売れない・食えない・笑えない 年収100万円芸人物語」というドキュメンタリー番組に取り上げられたこともある、“売れない”芸人である。

ここ10年ほどは、お笑い活動だけで「ぜいたくしなければ何とか生活できるくらい」の収入を得られていたそうだが、コロナで窮地に追い込まれているのではないか。

筆者は2017年にコラアゲンさんについて記事を書いたが、いったい今、彼はどんな生活をしているのか。

9月上旬、取材をしたいと連絡をしたところ、「わかりました、今月のNGな日を伝えますね」と送られてきたのはたった3日。それ以外はスケジュールが白紙なのか……と、この時点でちょっと切なくなった。

コラアゲンさんの特殊なネタ

最初に紹介すると、コラアゲンさんのネタや収益モデルは少々特殊である。ネタは、一般的にあまり知られていない人や場所に密着取材し、「体験型ノンフィクション漫談」として披露するもの。過激な内容も多く、ネタの時間も長いことから、テレビにはほぼ出ず、ライブ活動を中心としている。

後述するが、所属の個性派集団「ワハハ本舗」の中でも独特な生き方をしてきた人物である。

活動の目玉は、毎年5月~11月にかけて、全国約50カ所を回るライブツアーだ。ただライブと言っても、主催者は彼を応援する一般人がほとんど。会場も個人宅やスナックや会議室などで、20人規模が中心。このドサ回りスタイルの活動が、彼の年収の7割を占めている。

次ページコロナ禍でツアーが中止になるが・・・
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT