ニュースアプリ大混戦、生き残るのはどこだ

グノシー、スマニューなどが続々登場

グノシー(写真左)、スマートニュース(右)、ニューズピックス、アンテナなど、次々現れるニュースアプリ

スマートフォンで手軽にニュースを読める、ニュースアプリが注目を浴びている。新聞社や出版社が配信するネット上の記事を、一つのアプリでまとめて読めるようにしたものだ。

まだPCが主流の時代には、ポータルサイトのヤフーが、各媒体の流すニュースをまとめる役割を果たしてきた。PCからスマホへの転換期にある今日、ニュースアプリは、膨大な量の情報をまとめて選別し、届ける、キュレーション(目利き)サービスとも位置づけられる。

無料、自動配信が基本

相次ぐ参入で激戦区となっているのは、マスを対象にした、無料の総合ニュースアプリだ。中でも王道を行くのは「SmartNews(スマートニュース)」。12年12月に始動、ツイッターなどソーシャルメディア(SNS)で注目される記事を軸に、政治から社会、エンタメまで、幅広いカテゴリーで記事を自動配信する。「重視するのは情報におけるバランス。多様性を持たせるよう心掛ける」(鈴木健会長)。

通信環境のいい場所で事前にデータを取り込み、圏外でニュースを読めるようにしたのも画期的。地下鉄でスマホゲームを利用していた層も囲い込んだ。ダウンロード数は400万件を突破している。

今年8月には秋の米国進出に備え、グリーやミクシィなどから36億円を調達した。グリーとは米国進出支援やゲーム紹介で提携。ミクシィからは川崎裕一取締役を執行役員に招き、スマホ向け広告ネットワークを共同開発する。

次ページ大量のTVCMで露出
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT