エースばかりを集めた夢のチームに失敗が多い訳

組織力を決めるのは他者への心理的安全性にある

各所からエースを集めてきたチームはさぞかし大成功を収めると思いきや……(写真:takeuchi masato/PIXTA)

どこの組織にもエース級とされる人材がいる。そうしたエース級の人材を集めて「ドリームチーム」が結成されることがある。しかし、そうした「ドリームチーム」は期待された成果をあげられないことが多い。そんな実例を、身近で経験したことがあるのではないだろうか。この背景は、どのように考察することができるだろう。

あなたが、ニワトリを飼育する農家のコンサルティングをしていたとする。そこで「よりたくさんのタマゴを生産するには、どうしたらよいですか?」とアドバイスを求められたとしよう。

過去にどれだけの数のタマゴを産んだのか、データを見ればわかるようになっている。当然のことながら、ニワトリによって、とてもたくさんのタマゴを産むニワトリもいれば、あまりタマゴを産まないニワトリもいる。

たくさん産むニワトリだけを集めると生産性低下

そんなデータを見ながら、もし、あなたが「タマゴをたくさん産む、生産性の高いニワトリ(=スーパー・チキン)だけを個別に選別し、その子孫の割合を増やしていけば良い」と考えたなら、それは最悪の間違いとなる。動物科学者ウィリアム・ミュアは、実際にこの実験を行った。そして、スーパー・チキンだけで構成されたケージでは、激しい喧嘩が発生し(喧嘩でエネルギーを消費してしまうため)タマゴの生産性が大幅に低下することを突き止めたのである。

個体レベルで高い生産性を示すスーパー・チキンは、要するに、利己的で攻撃性が高いニワトリだ。こうしたニワトリは、他のニワトリを平然と攻撃し、そこから資源を搾取する。確かに、こうした資源の搾取によって、個体レベルでの生産性は高められる。しかし、組織を構成するメンバーが、そんなスーパー・チキンばかりになると、生産性は個体レベルでも下がってしまうのである。

次ページ生産性は個体レベルでなく組織レベルで測定する必要がある
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT