年金制度改革への待望論は根強い--東洋経済1000人意識調査

年金制度改革への待望論は根強い--東洋経済1000人意識調査

民主党が昨年の衆院選で、目玉政策の1つに掲げた年金改革。その後なかなか進展しないが、意識調査でも改革への期待度は高い。税財源への転換には賛同が若干減るが、年金一元化賛成が5割超に達するなど、いずれも賛成意見が上回る。
(週刊東洋経済編集部)

■■年金改革についてどう思いますか?■■

性別・年齢別クロス集計



政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。