年金制度改革への待望論は根強い--東洋経済1000人意識調査

年金制度改革への待望論は根強い--東洋経済1000人意識調査

民主党が昨年の衆院選で、目玉政策の1つに掲げた年金改革。その後なかなか進展しないが、意識調査でも改革への期待度は高い。税財源への転換には賛同が若干減るが、年金一元化賛成が5割超に達するなど、いずれも賛成意見が上回る。
(週刊東洋経済編集部)

■■年金改革についてどう思いますか?■■

性別・年齢別クロス集計



政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT