「Apple Watch」新OSでさらに使い勝手が超進化

既存のモデルでも使える「片手で操作」が便利

アクセシビリティに隠されたApple Watchの利便性を上げる機能を紹介していく(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

ディスプレーが大型化してデザインを変え、耐久性も増した「Apple Watch Series 7」が、10月15日に発売される。iOS 14.5で、Apple Watch着用時だとマスクでもFace IDを解除できる機能が搭載されたこともあり、新モデルに注目している人は多いはずだ。新モデルの登場に先立つ形で、既存のApple WatchにもwatchOS 8の配信が9月20日に始まった。ワークアウトや精神統一をするための「マインドフルネス」が追加されたほか、時計の顔である文字盤のバリエーションも増えている。

また、先行的にアナウンスされていたアクセシビリティのジェスチャー操作が加わったのも、watchOS 8からだ。この機能を使うと、Apple Watchにもう一方の手を触れることなく、片手のジェスチャーだけで操作することが可能になる。本来は、体の不自由な人に向けた機能だが、Apple Watchを片手で操作したくなるシーンは意外と多い。この機能は、設定次第でさまざまなユーザーの役に立つ。

この連載の一覧はこちら

同様に、Apple Watchのアクセシビリティ内には、さまざまな便利機能が搭載されている。この設定を見直すことで、Apple Watchを一歩踏み込んで活用できる。普通に使っているだけだとなかなか開くことのない設定メニューこそ、OSアップデート時に改めて見直す価値がある。今回は、アクセシビリティに隠されたApple Watchの利便性を上げる機能を紹介していこう。

片手だけで操作することが可能に

iPhoneをカバンやポケットの中から取り出す必要なく通知を確認できたり、Apple Payで決済できたりと、非常に便利なApple Watchだが、腕時計の形をしているため、操作時にはどうしても両手が必要になってしまう。片腕に巻きつける必要があり、画面をタッチするには反対の手を使わなければならないからだ。そのため、トートバックやブリーフケースなどの手持ちのバッグを持っていたりすると、操作がしづらい。特にApple Payを使う場合、サイドキーをダブルクリックしなければならなず、荷物が重たいとなかなか呼び出せないこともある。

次ページ「ジェスチャー操作」とは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT