「Apple Watch」新OSでさらに使い勝手が超進化

既存のモデルでも使える「片手で操作」が便利

そんなときに活用したいのが、watchOS 8で搭載されたジェスチャー操作だ。この機能は、Apple Watchを装着しているほうの手で、特定の動作をすることで、ディスプレーに触れずに操作することができるようになるというもの。手が不自由なユーザー向けて開発された機能だが、片手がふさがっているときにも重宝する。ただし、ジェスチャーだけで操作を完結させるのはなかなか骨が折れる。そのため、Apple PayやSiriなど、特定の機能を呼び出すためにジェスチャーを使うといいだろう。

4種類のジェスチャーを覚えよう

設定は、iPhoneで行う。まず「Watch」アプリを開き、「アクセシビリティ」を選択。「AssistiveTouch」を選んだら、次の画面で「AssistiveTouch」をオンにする。同じ画面で、「ハンドジェスチャ」を選択して、次の画面で「ハンドゼスチャ」をオンにすれば、ジェスチャーでの操作が可能になる。ジェスチャーは4種類。「ピンチ」「ダブルピンチ」「クレンチ」「ダブルクレンチ」がそれだ。ピンチは、親指と人差し指をトンとぶつけるような操作。クレンチは、指をグッと握るような動きだ。「ダブル」は、それを2回繰り返すことを意味する。

「アクセシビリティ」の「AssistiveTouch」で「ハンドゼスチャ」を有効にしてから、各ジェスチャーに操作を割り当てる(筆者撮影)

標準だとアクションメニューを開いてから、カーソルを移動させるように設定されているが、すべての操作をジェスチャーで行う必要はないため、ジェスチャーで呼び出したい機能を設定しておくといい。ここでは、「ピンチ」に「Crownを押す」、「ダブルピンチ」に「Apple Pay」、「クランチ」に「Siri」を割り当ててみた。また、同じ画面の「有効化するゼスチャ」で、AssistiveTouchをオンにするための動作も決めることができる。ここでは、「ダブルピンチ」でAssistiveTouchが起動するようにした。

これで設定は完了。Apple Watchを装着したほうの手で、実際に設定したジェスチャーをしてみよう。上記の設定をした場合、画面点灯時にダブルピンチをするとAssistiveTouchが有効になり、もう1回ダブルピンチをすると、Apple Payが立ち上がる。ただし、このままだと決済が可能な状態にならない。そのまま支払いをしたいときには、ジェスチャーを設定する1つ前の「AssistiveTouch」の画面で、「AssistiveTouchで承認」をオンにする必要がある。これを設定しておくと、ジェスチャーだけでApple Payが利用できるようになる

AssistiveTouchは常時有効にすることもでき、Apple Payを素早く呼び出したい場合はそちらのほうがスムーズだ。ただし、AssistiveTouch有効時には、タップ可能な場所にカーソルが表示されてしまう。そのため、文字盤によってはあまり見栄えがよくない。タップできるコンプリケーションがない文字盤では、カーソルが出現しないため、AssistiveTouchを常時有効にする場合は、こうしたものを使っている場合に限定したほうがいいだろう。

次ページ難点もある
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT