新型シビック「6速MT」をホンダが“推す"理由

大衆車からスペシャリティへと変わるイメージ

配風角を広くすることで、顔に直接エアコンの風があたらず、肌や眼の乾燥を防ぐと同時に、車内全体に心地よい配風を行う。

また、Aピラー位置の変更により、前方視界の見切りがよくなっていたことも、気づいた点の1つだ。

「EX」6MT車のインテリア。水平に伸びるエアフローが新しい(筆者撮影)

LXで走り出してすぐに感じたのは、“軽快さ”だ。ホンダの資料では、運動性能の目指す方向として「質の高い軽快さ」という言葉を使っているが、たしかにそう感じる。「軽い」とか「軽々しい」とか、単なる「スッキリ感」というのではなく、軽快さの密度が濃い。

こうした感覚は、ベストセラーの軽自動車「N-BOX」や、惜しまれながら生産中止となった「S660」にも通じる、ホンダエンジニアリングの真骨頂だと思う。

技術的には、プラットフォームと駆動系を先代から踏襲しつつ、各所に改良を加えたもので、目新しいものはない。

EX、LXとも最大出力182ps/最大トルク240Nmの1.5リッターターボエンジンを搭載する(筆者撮影)

しかし、コーナーリング時の走りの“つながり感”や加速、NVH(音・振動・路面からのつきあげ)の対策、パワートレインからの音などを様々な走行シーンで一体化させるきめ細やかな対応を行うなど、地道な努力を積み重ねている。

特に高速道路の合流時は、CVTのシフトアップ制御がまるでMTのようにダイレクトで、心地よかった。ホンダは、11代目シビックを「爽快シビック」と称するが、軽快さを含めたクルマ全体からの感じるのは、たしかに爽快感なのである。

6MTには「操る楽しさ」がプラス

次に、6MTを搭載するEXに乗り換えると、爽快さと軽快さは変わらず、そこに“操る楽しさ”が加わる。そのシフト操作は、ショートストークと高剛性化により“カチカチ”とか“コックリ”というよりも、スイスイとシフトできるイメージだ。

とはいえ、搭載エンジンは1.5リッターターボであるため、グイグイと前に押し出すような豪快さはない。あくまでも、走行シーンにより適宜なトルクを出すことで操縦安定性が高まり、さらにアクセルを踏み込めば、高回転域まですっきりとした伸び感を楽しむことを優先する。

次ページその走り、まるでロードスター
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT