新型シビック「6速MT」をホンダが“推す"理由

大衆車からスペシャリティへと変わるイメージ

仕向け地別でデザインやボディ形状が違うなど、シビックの商品性が大きく変わっているのだが、日本人の多くは今でも、「シビックは大衆車だ」という“刷り込み”がある。そんな刷り込みを持っている人たちは、街で最近のモデルを見かけると「これがシビックなのか……」と驚く。

また、ミニバンとSUVシフトが急激に進む日本では、シビックというモデル名が約7年間消滅していたことや、2020年に10代目セダンがハッチバックに先立ち販売終了になったこともあり、シビックは希少な存在となっているという現実もある。

歴代シビックの説明資料。7代目までをベーシックカー、8代目からをミドルカーとしている(筆者撮影)

一方で、シビックが辿ってきた経緯にこだわらず、素直に「シビック=カッコいいスペシャリティカー」という見方をする人たちもいる。

タイプRという究極のスポーツモデルに憧れるだけではなく、カッコよく魅力あるクルマとしてシビックを捉えている人も多いのだ。先代モデルでは、古くからシビックの名に親しんでいる40~50代のほか、20代の若いユーザーやファンも増えた。

そのうえで特徴的なのが、MT比率の高さだ。タイプRを除いても、MT比率が3割にも達している。こうした販売実績を踏まえれば、11代目にも6MTを設定するのは、当然の判断だ。11代目の初期受注では、MT比率が4割近いという。

価格設定にも表れるシビックの戦略

グローバルでは、新型シビックにはセダンとハッチバックの2つのボディ形状があり、アメリカではエントリーモデルの2.0リッター車が2万1700ドル(約237万円)からとリーズナブルな設定だ。

対して日本仕様は、スポーティなハッチバックでターボ、しかも6MT推しで価格も300万円台の前半から半ばに設定することで「カッコいいクルマ」としての存在感を際立たせたといえる。

さらに、2022年にはハイブリッドの「e:HEV」とタイプRが登場することで、日本での新世代シビックファンの獲得を狙うようだ。2分しているシビックのイメージは、徐々に変化していくことだろう。

この記事の画像を見る(7枚)
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT