マツダが、あえて「MT車」を充実させる理由

5月下旬に発表される「MAZDA3」でもMTを採用

2018年のロサンゼルス自動車ショーで世界初公開された新型「MAZDA3」。日本では5月下旬に発表を控えるが、MTもラインナップに加わる(写真:MAZDA MEDIA WEBSITE)

今は新車として売られる乗用車の98%がAT(オートマチックトランスミッション)車で占められる。1980年代の中盤まで、ATとMT(マニュアルトランスミッション)車の比率は各50%くらいだったが、現時点ではほぼ全車がATになった。

昔のATには、加速力や燃費性能が悪いという欠点もあったが、今はほぼ払拭されている。むしろCVT(無段変速AT)は、効率のよい回転域を積極的に使えるため、MTよりも燃料消費量が少ない。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

また今ではATの性能が高まり、MTに比べて遅く感じることはほとんどない。例えば高性能スポーツカーの日産GT-Rでは、クラッチペダルを装着するMTは選べない。2組のクラッチが内蔵された有段式ATのみになる。GT-Rの性能水準になると、極めて素早い正確な変速操作が要求され、ギヤチェンジがドライバーの手には負えないからだ。ギヤチェンジは優秀なATシステムに任せて、ドライバーはハンドル操作に集中するほうが合理的とされている。

ATでありながらMTのような使い方も

さらに今のATには、ドライバーがマニュアル操作によって変速時期を選べるタイプが増えた。ステアリングホイールの両側にパドルスイッチが装着され、シフトアップ/ダウンの操作を行える車種もある。マニュアルモードでは、ドライバーが操作しなければ自動変速は行われないから、峠道やサーキットを走るときに都合がいい。ATでありながら、MTに近い使い方も可能だ。

この影響もあり、MTを選べないAT専用車が増えた。日本ではハイブリッド車の人気が高く、小型/普通乗用車の約40%を占める。現行ハイブリッド車もすべてATだから、AT比率が100%に近づくのは当然だ。

1991年には、AT限定免許も創設された。2018年の運転免許統計によると、第一種普通運転免許合格者数の内、約64%がAT限定免許であった。そうなれば2018年の合格者で、MTを運転できるのは36%に限られる。

ところが最近発売された新型車には、MTを用意する車種がいくつか見られる。MTに、とくに力を入れるメーカーがマツダだ。スポーツカーのロードスターに加えて、セダン&ワゴンのアテンザ、コンパクトカーのデミオも6速MTを用意する。

SUVのCX-5は、2012年に発売された先代型はATのみだったが、2017年に投入された現行型は6速MTを設定した。アクセラにも6速MTがあり、2019年5月24日に発表される後継車種のMAZDA3も継続採用する。コンパクトSUVのCX-3にも6速MTがあるから、マツダ車でATしか選べないのはCX-8だけだ(OEM車を除く)。

次ページ実用性よりも運転の楽しさに重点
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。