マツダが、あえて「MT車」を充実させる理由

5月下旬に発表される「MAZDA3」でもMTを採用

昨今はペダルの踏み間違いなどに基づく深刻な交通事故が増えている。これを防ぐためにMTを推奨するのは非現実的だが、トラブルに陥ったときにATレバーを真っ先にNレンジに入れるなど、駆動をカットすることは心がけておきたい。

自分の運転操作に対して、つねに疑いを持つことも大切だ。例えば駐車場から発進するとき、最初のタイヤのひと転がりは、ATのクリーピングで徐行する。操作ミスでギヤがR(リバース/後退)レンジに入っていれば、このときに気づくからだ。交差点で信号が青に変わって発進するときも、最初はアクセルペダルを緩く踏み、次に踏み増す。

公共交通機関の運転者は「指差し確認」を行う。確認作業そのものにも意味があるが、自分の操作につねに疑いを持ち、違和感を探る気持ちも高まる。これが安全性を向上させる。

古臭いMTに新たな効用の可能性

操作ミスに関していえば、MTでクラッチペダルをいきなりつなぐと、強いショックとともにエンジンが停止したり、ギクシャクと前後に揺れながら発進する。MTでは急発進させるとしても、クラッチペダルとアクセルペダルをデリケートに操作することが必要で、乱暴な操作では急発進すらできない。これが駆動を自分でコントロールすることでもある。

マツダではこの「手と両足を連係させるMTの操作に、認知症を防ぐ効果があるのではないか」という趣旨の研究を行っている。ハンドル操作に集中できる快適なATは、今後も主力であり続けるが、古臭いとされるMTに新たな効用が開ける可能性もある。

頻発する人身事故の防止には、高齢者を中心に補助金などの交付も視野に入れ、緊急自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)を普及させるなど積極的な対策が急務だ。

それと同時に、少しでも長く安全な運転を続けられるドライバーのトレーニングも求められる。この対策の1つに、MTが果たす役割があるかも知れない。販売比率は2%のマイナーな変速機ではあるが、注目すべき点が多い。

AT限定免許ではない読者諸兄は、機会があったらMTを運転してみるといいだろう。ギヤチェンジの楽しさを再発見するかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT