iPhone機種変の前にやりたい「バックアップ術」

「有料iCloud」不要で写真を無制限に保存する

すぐにいっぱいになってしまうiCloudを使わないバックアップ術をご紹介します(筆者撮影)
この記事の画像を見る(4枚)

例年どおりのスケジュールであれば、9月中旬から下旬に新しいiPhoneが発表、発売になる。新しいiPhoneにまつわるウワサやリーク、予想といった各種事前情報も徐々に増えているため、発売は近いと見てよさそうだ。新機種の登場を機に、何年か使って古くなってしまったiPhoneの買い替えを検討している人もいるはずだ。昨年のiPhone 12シリーズを見送った人にとっては、次のiPhoneが初の5G対応になる。買い替えるメリットは小さくないと言えるだろう。

この連載の一覧はこちら

そのための準備として、あらかじめやっておきたいのがバックアップだ。と言っても、iPhoneにはiCloudというクラウドサービスがセットになっているため、設定さえ済ませておけば、特に何も考える必要なく自動的にバックアップが取られる。新しいiPhoneを購入したら、手順に従ってセットアップしていくだけで、すぐに前の状態が復元される。一方でiCloudは無料で使えるストレージの容量が5GBと小さく、写真や動画などが多いと、すぐにいっぱいになってしまいバックアップを取り切ることができない。

iCloudを有料プランにアップグレードするのも手だが、毎月の料金がかかるのは難点。容量は50GB、200GB、2TBの3種類だが、最上位の2TBを契約すると月に1300円もの料金がかかってしまう。無料で済ませたい人は、別の手を検討してもいいだろう。ここでは、そんな人のために、iCloudを使わないバックアップ術を紹介していく。機種変時に注意したいLINEのバックアップも、あわせてやっておきたい。

パソコンを使って無料バックアップ

iCloudへのバックアップは充電中に自動で実行されるため、手軽な反面、無料だと容量がすぐになくなってしまうのが難点だ。iPhone自体のバックアップにはそれほど容量は必要ないが、写真や動画などのデータは、別途容量が必要になる。次期バージョンのiOS 15からは、iPhone移行時のみ3週間限定でiCloudの容量が自動で増え、すべての設定やデータをバックアップできるようになるが、現行のiOS 14ではこれが利用できない。また、移行時のみだと端末を紛失・故障した際のバックアップとしては不安があるため、別の方法も併用したほうがいいだろう。

そこでお勧めしたいのが、パソコンを使ったバックアップ。Windowsのパソコンでも、iTunesさえインストールしておけば、簡単にiPhoneのバックアップを取ることができる。

iCloudの容量が足りないときには、パソコンへのバックアップがお勧めだ(筆者撮影)

iCloudのバックアップとは異なり、複数のバックアップを取っておけるため、間違ってデータを消してしまった後に再びバックアップを取っても、安心してそれ以前のデータからiPhoneを復元できる。アプリ本体はバックアップを取れないが、こちらはiPhoneに直接App Storeから再インストールされるため安心だ。

次ページiTunesでバックアップを取る方法
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT