「SNSで私生活さらす人」が見逃す不都合な真実

写真を加工しても「特定されるケース」が増加中

なぜ「自撮り写真」を軽率に公開してはいけないのか?(写真:Pangaea/PIXTA)

今や若者世代や子育て中の保護者にとって、子どもの写真や自分とのツーショット写真をSNSに公開することは当たり前のものとなった。一方で、写真を公開することで自宅を特定されてストーカー被害につながったり、写真を不正利用されるケースも増えてきている。「犯罪対策の一貫として画像を加工してから投稿している」という人も多いだろう。

筆者が先日話を聞いた40代の女性は「SNSで顔出しするのは危ないと聞いたから、顔をスタンプで隠してから公開している」という。いつもInstagramに子どもの写真を投稿しており、子どもの入浴姿や、入園式、七五三の写真なども公開し、ママ友たちのコミュニケーションを楽しんでいるようだ。

またある女子高生は、写真に写る自分の顔を「美しく見えるよう」加工してから投稿しているという。顔写真を投稿することに不安はないのかと尋ねると、「この写真ならどこに公開しても大丈夫だと思う」と言い切る。というのも、彼女がInstagramに投稿した写真は面影こそ残しているが、実際の姿からは大きく加工されたものばかりだからだ。

今回話を聞いた2人は「加工さえすれば安全」と思っているようだった。しかし、残念ながらそれだけで犯罪リスクをへらすことはできない。というのも、最近は「加工後の写真」から「加工前のもの」へさかのぼることができるからだ。

顔写真は「加工前のもの」に戻せる

たとえば2019年にアドビは、同社のPhotoshopにおける「顔立ちを調整(Face Aware Liquify)」機能による加工をAIで自動検出する技術を開発した。加工後の画像から、加工前の画像を高精度に復元もできるという。

また最近では「SNOWの加工画像の元写真を予想して加工する」とうたうアプリもAppleやAndroid端末で利用できるようになった。高精度とは言えないが、開発者は機械学習を学ぶエンジニアのようなので、同アプリの利用者が増えるにつれて今後、精度がさらに高まる可能性は高い。

次ページ「Photoshopで画像を復元できる」は本当か?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT