コロナ就活経た学生が選ぶ「就職人気ランキング」

1.1万人が投票、「コロナ禍に強い企業」上位に

就活を経て学生が評価した「就職人気ランキング・後半」。任天堂が4位に躍進した (撮影:田所千代美)

2022年4月の入社を目指す就活生(以下、2022年卒生)は、開始から内定を得るまで「コロナ禍での就活」を強いられた。

最初から最後まで「コロナ就活」強いられる

1学年上の先輩たち(2021年卒生)は、夏のインターンシップはかろうじてリアルで参加することができた。しかし、2022年卒生はコロナ禍の就活が「当たり前」になっていた。インターンシップや選考をオンラインで実施する企業が多く、一度も会社を訪問することなく内定を得る学生もいた。また、自己アピールを考える際も学校でのサークル活動が制限されていて、「ガクチカ(学生時代に力を入れて頑張ったこと)」をどのように答えるか、苦労していた。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

そうした前例のない就活を強いられた学生(2022年卒)は、どのような企業を選んだのか。それがわかるのが、文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所が行っている「就職ブランドランキング調査・後半」の結果だ。

ランキングは、同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録する2022年春卒業予定の大学生や大学院生を調査の対象に行っており、今回は約1万1000人から回答を得ている。就活生の企業選びは、前半はあこがれやイメージが先行するが、業界研究や面接などを経た後半は、より現実的に企業を見る傾向にある。その違いを調べるために、前半、後半の年に2回の調査を行っている。今回はその「後半」の就職人気ランキングを掲載している(前半の結果はこちら)。

次ページトップは伊藤忠
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT