「採用川柳・短歌」学生に翻弄される企業のリアル

入社式で役立つ?「履歴書にマスク姿の顔写真」

採用担当者が詠んだ「採用川柳・短歌」の入選作品を見ると企業側が決して“強者”ではないことがわかる(写真:metamorworks/PIXTA)

8月5日の配信記事「コロナ2年目『就活川柳・短歌』に込めた学生の本音」では、オンライン面接に慣れすぎて、対面型面接で思うように答えられない学生や、いつものとおり下半身はジャージ姿のまま面接会場に向かおうとする学生、カメラ目線を気にするあまり面接担当者の顔を見ていなかった学生、さらには面接に落ち続けてYouTuberになることを考えてしまう学生など、就活体験を素直に詠んだ就活生の川柳・短歌を紹介した。

今回は、立場を変えて、企業の採用担当者による「採用川柳・短歌」の入選作品をもとに、2022年卒就職戦線の裏側を見てみたい。一般的に、就職活動というと「企業(採用担当者)=強者、就活生=弱者」とひとくくりに捉えられがちであるが、決してそんなことはない。企業だって弱者でもある。採用担当者の心の叫びもぜひ受け止めてほしい。

用意周到な学生に脱帽?

まずは最優秀賞からだ。

履歴書に マスク姿の 顔写真(東京都 GLさん)

コロナ禍での選考では、オンライン面接が主流であるが、対面型の面接を実施する企業ももちろんある。オンライン面接ならマスクの着用なし、対面型の面接なら感染症対策としてマスク着用で行われるのが通常だ。応募書類の履歴書には、コロナ以前と同様にマスク着用なしの写真だけが添付されているのが普通である。だが、ある時、わざわざ両方の写真を添付した履歴書を送ってくれた応募者がいたらしい。人事担当者の驚く顔が目に浮かぶ。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

マスクの着用ありなし両方の写真を送ってくれた真意は測りかねるが、対面型の面接時にも人事担当者が自分を認識しやすくするためだとしたら、大したものである。

対面で行われるのは何も面接だけではない。選考をクリアして内定すれば、内定者フォローの集まりは集合型で実施されるかもしれないし、来年4月の入社式やその後の研修は対面で行われる可能性は大いにある。はたして、マスク姿の写真は役に立ったのだろうか。

次ページ内定承諾の返事にヤキモキ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT