勝負はこれから!「キックス」発売1年の通信簿

コロナ禍で門出は不運も販売台数は上昇中

BセグメントのコンパクトSUVとして発売されたキックス(写真:日産自動車)
この記事の画像を見る(32枚)

2020年6月末に日産の新型コンパクトSUV「キックス」が発売されて、1年が経過した。

新型コンパクトSUVといえばトヨタ「ヤリスクロス」が大ヒットを飛ばしているが、キックスはどれぐらい売れたのだろうか? 市場での受け入れられ方を含め、1年を振り返ってみよう。

キックスは、日本で実に10年ぶりとなる日産のブランニューモデルだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

逆に言えば、日産は日本市場に過去10年もの間、新規モデルを投入していなかったことを意味する。長かった過去のゴーン体制下で、日本市場に新型車の投入がほとんどなかったというわけだ。

しかし、日産が現社長・内田氏体制に変わったことで、新型車が登場した。その第1弾がキックスとなる。新体制の門出となるキックスは、日産にとって非常に重要な存在であるに違いない。販売店にとっても、待望のニューモデルであっただろう。

タイ生産のハイブリッド専用車

では、そのキックスは、どのようなクルマなのだろうか。簡単に言えば、コンパクトサイズのSUVで、「e-POWER」パワートレインを持つハイブリッド専用車だ。

FF(前輪駆動)のみの設定で、SUVとはいえ4WDはない。2グレード編成で、価格は275万9900円と286万9900円。

キックス自体は、2016年から海外市場で販売されており、中南米ではベストセラーSUVとなっている。日本で販売されるキックスは、ハイブリッド専用車として運転支援機能を充実させ、質感もアップさせた仕様で、すべてタイで生産され、逆輸入の形をとる。

日産にはこれまで、同じコンパクトSUVの「ジューク」という先達が存在し、一定の人気を博していた。このジューク、日本ではキックスの発売と入れ替わるように販売終了となったが、ヨーロッパ市場ではフルモデルチェンジされた2代目が販売されている。

日本で販売されていた初代ジューク(写真:日産自動車)
ヨーロッパで発表された新型ジューク(写真:日産自動車)

それなのに日産は、日本で新型ジュークを販売せず、わざわざ新規のキックスを投入してきたのだ。

その理由が何かといえば、“確実なヒット”を狙ったことにある。ジュークは、デザイン優先で後席や荷室が狭く、実用性でキックスに劣る。一方、キックスは、高い実用性があって幅広い年齢層にアピールできる。高齢者の多い日本市場を考えれば、ジュークではなくキックスを選んだのも、当然のことだろう。

ちなみに、キックスのライバルとなるのは同じBセグメントSUVのホンダ「ヴェゼル」、トヨタ「ヤリスクロス」と、もう少し大きいトヨタ「C-HR」やマツダ「CX-30」だ。

次ページ商品力は高いがスタートダッシュは大失敗
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT