誕生日のサプライズ「脳科学的」正しいタイミング

「ドーパミンが大量放出」される3つの条件とは

脳科学者の茂木健一郎氏(写真:徳間書店提供)  
やるか、やらないか。人生は常に選択の連続です。
決めかねているうちに、想定していた前提が変わってしまうこともしばしば。ただ、決断や選択に時間がかかってしまうのは、やり方を知らないから。
脳科学者・茂木健一郎氏の新著『脳科学者が教える 最高の選択 あなたは、AIよりスゴイ決断ができる!』では、成功している人や企業に共通する選択・決断の仕方を、脳科学の面から明らかにし、頭の使い方、トレーニングの方法を紹介しています。
本稿では同書から一部を抜粋・編集しお届けします。

「ドーパミン」なぜ出ると良いのか

脳を活性化させるために必要なことはたくさんありますが、あえて1つに絞ると「ドーパミンが放出されることをする」になります。聞いたことはあるでしょうが、ドーパミンとは脳内で放出される物質です。

これは、うれしいことが起こったときにやる気を高めたり行動を加速させたりするために脳内で放出されます。たとえば、勉強で難しい問題を解いたときや仕事でクライアントとの間で厳しい交渉をまとめ上げたときなど、「やったー!」とバンザイしたりガッツポーズしたりしたくなりますが、そのときに脳内でドーパミンが大量に放出されています。

ドーパミンが出ると、「もっと頑張ろう!」「もっといい結果を出そう!」というように行動が加速されます。もちろん、さらにいい結果を出すためには、これまで以上に頑張らなければなりません。大変さが増すのは明白です。

そのハードルを上げたのは、自分自身。「もっと頑張ろう!」と、より難しい問題に挑戦したり、より困難な仕事に取り組んだりするようになりますが、その行動を後押しするのが、ドーパミンです。

もしドーパミンが放出されなければ、わざわざ「大変だ!」と分かっていることをしようとは思いません。自分自身でわざわざハードルを上げるようなことはせずに、それまでと同じレベルのことに取り組み続けることになります。

それでは進歩も成長もせず、現状維持が精いっぱい。変化にも適応せず、ドンドン退化していってしまいます。

次ページ課題克服が「脳の活性化」に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT