「少年野球は盗塁禁止に」という声が出る背景事情

盗塁を起点に始まるワンサイドゲームの悪影響

横浜で学童軟式野球チーム、レッドスネークコルツを運営する河原哲大氏も「難しい問題だ」としつつ、こう語る。

「盗塁は高学年も低学年も連盟所属のチームの試合では毎試合で見られます。出塁→盗塁がお決まりのパターンです。小学生では盗塁を含めた走塁を徹底指導すれば勝ててしまいます。各チーム指導者は上のカテゴリーでは不可能な第2リード(投手の投球動作とともにさらに大きくリードすること)をとるなどして次の塁を虎視眈々と狙っていますね。

もちろん、盗塁は必要な技術ですから、うちのチームでもスタートや帰塁の指導をしていますが、基本的にノーサインです。競技の特性上、走るべき場面とそうでない場面があり、その状況を選手自身が判断できるようになってほしいからです。ただし得点差が大きく開いたときや相手バッテリーが明らかに低学年のときなどは、盗塁禁止にしています。

長い目で見れば、小学生は『盗塁なし』のメリットのほうが大きいと思います。捕手のひじの問題もありますし、打って投げてという野球の基本で勝負をしたほうが子どもも成長すると思います。スポーツマンシップの考え方でいう『グッドゲームをするために』を考えれば、自然とそうなると思うのですが……。『そんなんじゃ上の野球で通用しない』とよく言われますが、負けずに頑張りたいですね」

「小学生の盗塁」は大人の問題

こうした指導者がいる一方で「何が悪いんだ、盗塁は野球のルールのうちなんだから。勝てば子どもはうれしいし、親だって喜んでくれるし」という指導者もいる。地域の学童野球人口が急減する中で、「勝利至上主義」で勝ちまくるチームの発言力が大きくなっているのも現実だ。

野球ファンの中にも「盗塁のない野球なんて面白くない」という意見は根強い。ただそういうファンは、実際の試合を見ていないことが多い。小学校の野球を一度見に来てほしいと思う。

ルール上は問題はなくてもアンフェアな戦術を多用してまで「勝ちにこだわる」ことに、どれほどの意義があるのか。その結果が野球競技人口の減少や、野球のイメージダウンにつながるとすればマイナスでしかない。

筆者は最近、野球指導者の参加するリモート会議でしばしば「小学生の盗塁を何とかしなければ」という声を聞く。しかし本格的な議論はまだ始まっていないようだ。これは子どもの問題ではなく、少年野球を運営する大人の問題だ。野球の将来のために「小学生の盗塁は必要か?」という問題提起が広く行われることを期待する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT