香港の「六大会計事務所」監査品質に要改善の背景

財務匯報局は「調査結果に失望した」とコメント

香港財務匯報局は2020年の監察報告書を発表した(写真は同局のウェブサイトより)

香港財務匯報局は6月3日、2020年の年次監察報告書を発表した。それによれば、調査対象となった上場企業の37件の会計監査案件のうち、監査の品質が当局の定める「良好」の基準に達したものは1件もなかった。27件は「改善が必要」または「重大な改善が必要」であり、10件は「一部改善が必要」という結果だった。

香港財務匯報局は、2019年に発足した香港上場企業の監査法人を監督する独立機関だ。前出の報告書では、2019年10月1日~2020年12月31日を対象とし、ランダムに選んだ上場企業の37件の監査案件と、それを担当した会計事務所18社を調査した。

財務匯報局の行政総裁を務めるマレック・グラボウスキー氏は、「今回調査した案件の監査品質は、われわれの事前予想をはるかに下回っていた。規模の大小は問わず、どの会計事務所も大幅な改善を必要とする」と指摘した。

業務規模に応じて3類に区分

ただし財務匯報局は、「あくまでもこの報告書は監査法人の業務品質に関するものであり、上場企業の会計の真実性を直接判断するものではない」と強調した。

本記事は「財新」の提供記事です

財務匯報局は、会計事務所を業務規模に応じてA、B、Cの3類に区分し、A類については実名を公表している。それらは、世界4大会計事務所のデロイト、アーンスト・アンド・ヤング(EY)、KPMG、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)と、イギリス系の立信徳豪(BOD)、香港系の国衛(HLB)の合計6社である。

この6社が監査する上場企業だけで、2019年末時点での香港株式市場における時価総額の92%を占めていた。財務匯報局は報告書の中で「A類の会計事務所への調査結果には失望させられた」と述べ、監査品質の向上を強く求めた。

(財新駐香港記者:尉奕陽)
※原文の配信は6月5日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT