アップル「iTunes Match」の衝撃

<動画>過去の違法DL曲もロンダリング!?

5月2日から日本でのサービスが始まったiTunes Matchは、音楽業界が完全に米アップルに屈服したことを示すものだ。

このサービスは年額制(3980円)。クラウドを活用した音楽管理サービスで、パソコンを買いかえるたびに音楽ファイルを移動させていた苦労から音楽好きを解放するサービスだ。

あなたの音楽全部を、いつでもどこでも。

違法にダウンロードした楽曲のロンダリングも出来てしまう・・・・

このサービスに加入すると、ユーザーが手元PCのiTunesライブラリに登録している楽曲ファイルが、そっくりそのままアップルのクラウドサービス「iCloud」側に保存される(ただしiTunesMusicStoreで購入した楽曲以外の楽曲の合計は2万5000曲が上限)。

その際、iTunes Storeで購入した楽曲、自分自身が購入した音楽CDから取り込んだ楽曲だけでなく、レンタルしてきたCDからリッピングした楽曲、共有サイトなどから違法にダウンロードしてきた楽曲もアップルが保有するデータベースとマッチングをして、iTunesが用意する高品質な音源に切り替えてくれる。

波形をマッチングするだけのため、違法音源であっても排除はできない。つまり、違法な音源を正式音源に切り変えてしまうわけである。これは「レコード会社に対し、アップルがどれだけ優位に立っているか」を示すと同時に、「レコード会社(音楽業界)がどれだけネット対応に遅れてきたか」を示すものといえるだろう。

この企画は週刊『夏野総研』とのコラボレーションにより運営しています。
 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。