ようやく日本企業のトップ選びが変わってきた

<動画>「サントリー新浪社長」に大いに期待

10月1日付けでサントリーホールディングスのトップが交代する。

「早晩、新社長を抜擢したい」――5月15日、米蒸留酒大手ビーム社の買収完了を受けて行った会見で、サントリーホールディングスの佐治信忠社長はこう述べていた。それ以来、後任候補は誰なのか、多くのメディアが注目してきた。

社内から創業家以外の役員を抜てきするのか。もしくは子会社であり、同じ創業家出身であるサントリー食品インターナショナルの鳥井信宏社長に譲るのか。ところが、答えはまったく違っていた。6月下旬に明らかになった後継社長は、ローソンの新浪剛史会長だった。

新浪氏と親交のある夏野氏は、「新浪さんは、自分の意見をきちんと国際会議の場でも発言できる人。海外に打って出るサントリーには最適な人物ではないか」と評する。そして、「こうした人事は、今まで日本で欠けていたこと。どんどん行われるようになったほうがいい」と強調する。

この企画は週刊『夏野総研』とのコラボレーションにより運営しています。
 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT