意外「和食×オリーブオイル」は腸にいい、簡単4品 腸の「洗浄剤」で、「デトックス効果」もアップ!

印刷
A
A
今回は「和食+エキストラバージンオリーブオイルの腸活法」について解説します(写真:Zidi/PIXTA)
この記事の画像を見る(5枚)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.itの食事法(ダイエット)部門(2017年)で「最も検索されたキーワードのベスト3」に選出されるほど、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど、世界中で話題になっている。
日テレ系列「世界一受けたい授業」(5月22日放映)でも紹介され、「アダムスキー式腸活メソッド」をすべて解説した『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』は、日本でも7万部を超えるベストセラーになっており、大きな反響を呼んでいる。
訳者の森敦子氏が本書の翻訳を通して感じたのは、「食べ物は『何を食べるか』ではなく、『何と組み合わせて食べるか』が大事」ということ。
では、アダムスキー氏の提唱する「最高の腸を手に入れるための組み合わせ」はどうやって食卓に取り入れればいいのだろうか? 今回は、本書の翻訳を手がけた森氏が、「和食+エキストラバージンオリーブオイルの腸活法」について解説する。

「オリーブオイル」は腸の「洗浄剤」

「人体の免疫システムの80%を担っている」ともいわれる「腸」。その腸の調子を整えることで美と健康を手に入れる「腸活」が近年話題を集めています。

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

アダムスキー博士がおすすめしているオイルは、日本でも購入しやすい「エキストラバージンオリーブオイル」。これは熟したオリーブの実を搾った質の高いオリーブオイルで、「天然のオリーブジュース」ともいわれています。

「アダムスキー式腸活法」では、腸にこびりついた汚れを溶かすには、「高品質な植物性オイル」や「果物」が効果的だと考えられています。「オイル」には非加熱で多めに摂取すると、たまった汚れを盲腸へ滑らせる効果があるのだそうです。

そのオリーブオイルは「日本食」と味の相性がよいといわれ、和食には腸にいい食品がたくさんあることから、「和食にオリーブオイルをかける」のは、これから腸活を始めようという人に、とてもおすすめの腸活法なのです。

今回はそんな「和食にオリーブオイルをかけて腸活する方法」を4つご紹介します。

次ページ1つめの「相性のいい和食」は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT