「汚れた腸」が蘇る「フルーツ最高の食べ方」5秘訣

「お掃除効果」バツグン!美味しく「腸活」しよう

「食べ物は『何を食べるか』ではなく、『何と組み合わせて食べるか』が大事」ということ。アダムスキー氏の提唱する「最高の腸を手に入れるための組み合わせ」とは?(写真:Myviewpoin/PIXTA)
この記事の画像を見る(6枚)
世界的に著名な自然療法士でオステオパシストのフランク・ラポルト=アダムスキー氏。1992年に発表された「アダムスキー式腸活法」は30年近く欧州で愛され続け、その「腸活メソッド」を紹介する著作は、本国イタリアのみならず、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー、トルコなど世界中で話題になっている。
「アダムスキー式腸活メソッド」は、Google.itの食事法(ダイエット)部門(2017年)で「最も検索されたキーワード」ベスト3に選出されたほどで、その全メソッドを記した著書『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』は、日テレ系列「世界一受けたい授業」(5月22日放映)でも紹介され、日本でも6万部を超えるベストセラーになるなど、大反響を呼んでいる。
訳者の森敦子氏が本書の翻訳を通して感じたのは、「食べ物は『何を食べるか』ではなく、『何と組み合わせて食べるか』が大事」ということ。
では、アダムスキー氏の提唱する「最高の腸を手に入れるための組み合わせ」はどうやって食卓に取り入れればいいのだろうか? 今回は、本書の翻訳を手がけた森氏が、「腸のお掃除効果を高めるフルーツの食べ方」について解説する。

 

フルーツは「腸の汚れ」を減らす「洗浄剤」になる

「腸」を健康に保つことで、お腹だけではなく「肌」や「睡眠の質」、「自律神経」など体全体の調子を整えようとする「腸活」が、今注目を集めています。

『腸がすべて:世界中で話題!アダムスキー式「最高の腸活」メソッド』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

最近話題の「アダムスキー式腸活法」が最も大切にしているのは、その「腸」に汚れをため込まないこと。フルーツは「『腸の汚れ』の洗浄剤」だと考え、考案者であるアダムスキー博士は「1日1回フルーツを食べて『腸の掃除』を行うこと」をすすめています。

ただし、フルーツの腸活効果をしっかりと得るためには、ただやみくもに果物を食べるのではなく「食べ方に気をつける」ことが大切です。

今回は、腸のお掃除効果を高めるための「最高のフルーツの食べ方」を5つ紹介したいと思います。

次ページ「かんきつ類」は最高の「パイプ洗浄効果」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT