偽物ハラルが蔓延する「観光立国」の瀬戸際

ムスリム誘客の本気度が試されている

ゆえに帰着した結論は、「(ムスリムの考えとわれわれの考えとの)違いをどんどん学んで、正確な情報を発信することに尽きる」(丸尾専門官)というものだ。そのうえで、よく理解もせずに、形だけを整えようとするのがいちばん危険だと警告する。

たとえば、ムスリムの礼拝は1日に数回必要という理解は進んでいると思う。だが、お祈りの前に手足を清めなければならないことは、意外に知られていない。このため、礼拝所だけを完備しても、足を洗える場所を確保しなければ、かえってムスリムに不便をかけることになる。洗面台で足を洗うことにでもなれば辺りが水浸し、ムスリムを迎える側は辟易、ということにもなりかねない。

そもそも国、地域、宗派だけでなく、個人によってもハラルの基準は変わる。旅行中はある程度は許されると、豚肉を食べ、アルコールを飲む人もいる。逆に、戒律を厳格に守り、日本の飲食店では何も口にしない人もいる。何を食べ、何を食べないかは、あくまで個人の裁量に委ねられる。ゆえに、その判断の根拠となる情報を発信すればよいのだ。

「すぐに世界から認めてもらえることはないかもしれないが、日本はイスラム国家ではないのに、ちゃんと誠実に、これだけのことをやってくれていると伝わっていけばいいと思う」(丸尾専門官)

政府が尻込みする政教分離の壁

だが、ハラルビジネスがカネになると見て、ハラルマーク発行団体も“雨後のタケノコ”のように誕生している。その中には、明らかに日本国内のブームに便乗して設立したとみられる団体も多い。

政府は政教分離が原則なので、どこどこの認証団体だったら安心など、個別の団体をオーソライズすることはできない。もとより宗教がからむ問題でもあり、規制はかけられるはずもない。そうこうするうちに、ハラルビジネスに群がる業者は増えていく。

その一方で、観光庁はムスリムの専門家ではないので、正確な情報発信を行うには、どこかのムスリム団体や協会に頼らざるをえない。実際、観光庁や日本政府観光局(JNTO)が後援するセミナーや講演がしばしば開催されている。

次ページ真のフレンドリーとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT