"増殖"ハラルレストランが抱えるジレンマ

アルコールはご法度、割高な食材も経営圧迫

「月の砂漠」の入り口には、ハラル食材を提供していることを示すマーク(認定マークではない)がある

狭い階段を上り、1歩、店に足を踏み入れると、そこはすでに中東だった。

ここは池袋駅西口の裏手、ヨルダン人オーナーが経営するアラブ家庭料理の店「月の砂漠」だ。開店したのは2009年12月。シェフはチュニジア人とエジプト人。料理人にはアラブの人をそろえている。提供している食事はすべてハラル料理だ。

こだわりの食材ばかり

ハラルとは、イスラム教の教えに従った戒律で、「合法の」「許された」という意味を持つ。豚肉を提供しないことはもちろん、牛肉や鶏肉、羊肉はイスラム教の儀式にのっとって処理された“由緒正しき”食材ばかりだ。

たとえばマンサフ。伝統的なヨルダン料理の1つで、ハレの日には欠かせないものだという。サフランで炊きあげたコメの上に、ヨーグルトで煮込んだ羊の肉をのせ、ヨーグルトソースをかけた料理だ。使っているコメもアラビア産のコメ(長粒米)だったり、ヨーグルトも「ジャミード」と呼ばれる乾燥ヨーグルトを使ったりと、手抜きはない。サフランもヨルダンから輸入してきたものだ。

だが、これだけ徹底的にこだわったハラル料理を出していても、正式なハラルレストランにはなれない。それはなぜか。アルコールを売っているからだ。アルコールはムスリム(イスラム教徒)にとって、「ハラム」(非ハラルなもの)と呼ばれ、忌避されるべきものなのだ。

次ページハラル対応の苦悩
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT