中国版ゴールデンウイーク、「五一商戦」に見る中国消費市場の最前線

山谷剛史  ライター

 5月の始めは日本では大型連休シーズンだが、中国でも大型連休「労働節(メーデー)」となっている。上海万博開幕の5月1日から3連休となった今年の労働節。中国の省都クラスの100万都市はどんな店が繁盛していたのかを見るべく、雲南省の省都・昆明市の繁華街を訪ねた。昆明は中国西南部に位置する典型的な地方大都市の一つだ。

労働節は、1月から2月にかけての春節(旧正月)や、10月の中秋節と国慶節(建国記念日)に比べれば、人々は消費しないといわれる。それでも昆明のヘソに位置する歩行者天国の人通りは、普段の土日よりもずっと多い。
 
 土日プラス1日の短い連休だが、それでも普段以上に活気があるあたり、この連休イベントを楽しみにしていた人が多いのだろう。例えるなら休日やアフター5の新宿や渋谷ほどに混雑する。

歩行者天国の大きな通りと通りが交わる十字路の角、という絶好のロケーションに位置するショッピングセンターにたくさんの人が次々と入っていく。ジュース1杯だけでも、チャーハンなどの大衆料理の数倍はするであろうショッピングセンター内のカフェのいすも、利用率は100%、3時、4時になってもレストランのテーブルは、ほぼフル稼働していた。


 
 また繁華街に位置する大手家電量販店の蘇寧電器や国美電器の「旗艦店」も、休日の池袋のヤマダ電機日本総本店やヨドバシAkiba並みに人でごった返す。外資系スーパーのカルフールやウォルマートも普段以上に多くの人々が買い物を楽しみ、レジ前に普段以上に長い行列ができていた。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。