23区民が引越した「非」大都市トップ10ランキング

「23区内移動」と政令指定都市9市を除いて算出

23区民の移住先として人気の「非大都市」1位にある京成バラ園(写真:genki / PIXTA)

コロナ禍の1年を通じても「東京一極集中」の実態に大きな変化がないことを前回の記事『数字が示す「日本人がコロナで脱東京」の虚構』で検証した。

もっとも、一定数の転出者がいるのは事実である。東京からの転出者はどこへ向かっているのか。今回は23区の日本人の転出先に焦点を当ててみよう。

一都三県への移動が4分の3以上

2020年は、東京都も東京23区も依然として転入超過だった。23区からの日本人の移動者総数は57万8348人。そのうち29万8536人は都内への移動で、都外への転出者は27万9812人だった。転出先の多い道府県は次の通り。

首都圏と大都市圏が上位を占める予想通りの結果である。前年と比べると、都外への転出者数が2万1665人増えたが、転出先の上位はまったく同じ順である。

ちなみに、2018年から2020年までの転出者総数に占める都外への転出者数の割合を見ると、47.8%、47.5%、48.4%となっている。2020年がわずかに増えているが、「脱東京」加速とまでは言い切れない。

次ページ非大都市で23区民に人気の街は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT