キャンピングカー「普段使いは無理」は大誤解だ

安い軽バン型なら200万円台から手が届く

人気車種「ファイブスター・セプト」の内装(写真:レクビィ社提供)

「新車が売れない」と自動車メーカーが嘆く中、キャンピングカーが売れている。

キャンピングカー製造販売業者の団体、日本RV協会がまとめた「キャンピングカー白書2020」によれば、2019年の国内生産台数は6445台。この10年間で約1.6倍という好調ぶりだ。さらに輸入車や中古車を含めた2019年の販売総額は526億2,577万円となり、10年前の2.4倍にもなっているのだ。

「キャンピングカーが人気らしい」ことは、すでに広く知られていることだろうと思う。だが、旧来のレジャーのスタイルと比べても、あまりに現実離れしていて(と、思い込んでいて)、自分がオーナーになることが想像しにくいという人はまだまだ多い。

本連載ではそんな「視野の外」に置かれがちなキャンピングカーについて、紹介していこうと思う。

意外とお手頃なキャンピングカー

キャンピングカーというと、大きくて豪華で1000万円以上するもの、というイメージはないだろうか。「富裕層の遊び車」だという印象があるせいか、ひところは販売店に「キャンピングカーに見えない車が欲しい」などというリクエストも寄せられたと聞いたことがある。

この連載の記事一覧はこちら

実際のところはどうなのか。そのイメージは半分当たっているし、半分外れている。事実、2000万円に迫る高額商品もあるにはある。だが、今最も売れている人気車種の中心価格帯は500万円台なのだ。

それでも「遊びの道具に500万円も出せない」という声が聞こえてきそうだが、売れている商品の特徴をよくよく観察すると、人気上昇中の理由が見えてくる。

まず、ごく基本的なことだが、キャンピングカーにはベースとなる車両がある。キャンピングカーメーカー(ビルダーという)は、トヨタや日産、ホンダといった自動車メーカーから座席などのないスケルトン状態の市販車両を仕入れ、寝泊まりできる状態に改造してキャンピングカーとして販売する。

次ページバンを改造した「バンコン」が人気
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT