ペット連れに「キャンピングカー」が最高な理由

ペット連れ旅の前にすべき「4つの備え」も紹介

キャンピングカーの前でリラックスするペットたち(写真:野末朱根撮影)

今やペットは家族の一員。「コンパニオンアニマル」「伴侶動物」などとも呼ばれるようになった。それほど大事なペットではあるが、困ることもある。旅行がしづらいのだ。

連れていくか。留守番させるか。どちらにしても様々なハードルがあるが、キャンピングカーならそれがすべて解決してしまう。

「動く我が家」でペットを同伴

 私事で恐縮だが、我が家のキャンピングカーとの出合いもペットがきっかけだった。20年前、わけあって猫4匹、犬1匹の大所帯になってしまい、旅行など気軽にできなくなってしまったのだ。

「ペットと泊まれる宿」も探したが、我々が出かけたい先にはほとんどなかった。そもそもそういう宿はほとんどが犬向けで、猫やその他の小動物を受け入れてくれるところはさらに少ない。

「ペットホテルに預ける」「ペットシッターに来てもらう」も検討した。事実、ペットシッターは数回利用したが、料金は1頭いくら、なので、これだけの多頭飼育ともなると結構な額になる。ペット側にもそれなりにストレスだろうし、我々も留守宅が気になって「早く帰ろうよ」になってしまう。

この連載の記事一覧はこちら

この問題を一気に解決してくれたのが、キャンピングカーだった。キャンピングカーとは、いわば「動く我が家」である。もちろん受け入れ先の制約はあるが、ペットと一緒にどこへ旅しようと自由だ。

同じように考える人は世の中多いようで、キャンピングカーショーの会場ではペット連れの来場者が実に多い。逆に「キャンピングカーを買ったので、犬を飼うことにしました」なんていうパターンもある。

一般社団法人日本RV協会の調査(キャンピングカー白書2020)によれば、ペットを飼っているキャンピングカーオーナーの75%が「毎回、旅にはペットを同行する」と回答している。ペット連れ旅の課題だった「移動手段」と「宿泊場所」が一気に解決してしまうキャンピングカーは、ペットとの相性が抜群なのだ。

次ページ「ペット連れ仕様」のキャンピングカーも
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT