人気沸騰「移動できる家」に見る多様な暮らし方

そのとき一番住みたい場所で、身軽に暮らす

居室のような空間でくつろぎながら移動できるキャンピングカーやトレーラーハウスに、注目が集まっているようです(YADOKARI提供)

近年「移動する家」の売れ行きが好調だ。一般社団法人日本RV協会の2018年調査によると、2005年には日本で5万台だったキャンピングカーの販売台数は、右肩上がりに増加しているという。2018年には日本国内での売り上げが11万2500台に到達し、10万台を超えた。

また幕張メッセで行われる日本最大規模の「ジャパンキャンピングカーショー」では、車体と居室が一体化したキャンピングカーのほか、自動車で牽引するトレーラーハウスの展示もあり、来場数は2019年には6万7848人に上った。

人気の背景にはアウトドアレジャーの流行や定年後のシニア層からの需要に加えて、所有スタイルの変化が挙げられる。ここ10年で普通自動車と同じように、キャンピングカーやトレーラーハウスに関してもシェアしたり、レンタルしたりする事業者が増えた。それによって多大なコストを払わずとも利用できるようになり、普及に一役買っている。

一般的になりつつある「移動する家」は、旅行の手段としてだけでなく、新しい用途も増えているそうだ。その実情を新作のトレーラーハウスを発表した、YADOKARIに聞いた。

移動する家の用途が広がっている

「今後キャンピングカーやトレーラーハウスのような『移動する家』の用途が広がり、人々の生活を変えてゆくだろう」と語るのは、タイニーハウス(小屋)を軸に事業展開する企業、YADOKARIの共同代表取締役、さわだいっせい氏。

車道を牽引されるトレーラーハウス。躯体重量が750kg以下であれば、普通車でも牽引免許がいらず牽引できる(YADOKARI提供)

自社開発のトレーラーハウスを利用したホテル「Tinys Yokohama Hinodecho」(タイニーズ 横浜日ノ出町)を運営する同社は、12月12日に最新型のトレーラーハウス「Tinys.mobi」を発表したばかりだ。

トレーラーハウスとはキャンピングカーと違って、本体にエンジンを搭載せず、車で牽引して公道を走るものを指す。家に車輪がついていると考えると、わかりやすいだろう。

次ページこれがトレーラーハウス?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。