人気沸騰「移動できる家」に見る多様な暮らし方

そのとき一番住みたい場所で、身軽に暮らす

居室のような空間でくつろぎながら移動できるキャンピングカーやトレーラーハウスに、注目が集まっているようです(YADOKARI提供)

近年「移動する家」の売れ行きが好調だ。一般社団法人日本RV協会の2018年調査によると、2005年には日本で5万台だったキャンピングカーの販売台数は、右肩上がりに増加しているという。2018年には日本国内での売り上げが11万2500台に到達し、10万台を超えた。

また幕張メッセで行われる日本最大規模の「ジャパンキャンピングカーショー」では、車体と居室が一体化したキャンピングカーのほか、自動車で牽引するトレーラーハウスの展示もあり、来場数は2019年には6万7848人に上った。

人気の背景にはアウトドアレジャーの流行や定年後のシニア層からの需要に加えて、所有スタイルの変化が挙げられる。ここ10年で普通自動車と同じように、キャンピングカーやトレーラーハウスに関してもシェアしたり、レンタルしたりする事業者が増えた。それによって多大なコストを払わずとも利用できるようになり、普及に一役買っている。

一般的になりつつある「移動する家」は、旅行の手段としてだけでなく、新しい用途も増えているそうだ。その実情を新作のトレーラーハウスを発表した、YADOKARIに聞いた。

移動する家の用途が広がっている

「今後キャンピングカーやトレーラーハウスのような『移動する家』の用途が広がり、人々の生活を変えてゆくだろう」と語るのは、タイニーハウス(小屋)を軸に事業展開する企業、YADOKARIの共同代表取締役、さわだいっせい氏。

車道を牽引されるトレーラーハウス。躯体重量が750kg以下であれば、普通車でも牽引免許がいらず牽引できる(YADOKARI提供)

自社開発のトレーラーハウスを利用したホテル「Tinys Yokohama Hinodecho」(タイニーズ 横浜日ノ出町)を運営する同社は、12月12日に最新型のトレーラーハウス「Tinys.mobi」を発表したばかりだ。

トレーラーハウスとはキャンピングカーと違って、本体にエンジンを搭載せず、車で牽引して公道を走るものを指す。家に車輪がついていると考えると、わかりやすいだろう。

次ページこれがトレーラーハウス?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT