サムスンの絶頂期が永続するとは思わない--李潤雨・サムスン電子副会長


 人材も重視しました。グローバルに考え、いろいろな人の声に耳を傾け、優秀であればどこからでも人材を取り入れてきた成果なのです。

ただ、ビジョン2020を達成するには、もうフォロワーというだけでは難しい。新しいライフスタイルを顧客に示すためには、サムスンも革新的、かつ創造的な何かに取り組まなければなりません。

--日本の電機産業にとってサムスンは、ライバルであると同時に重要な取引先でもあります。サムスンの生産・製品戦略が日本、そして世界の電子産業を左右します。

日本と弊社との間には、年間約1兆円相当の取引があります。サムスンから半導体などを日本に販売する一方で、日本から部品や素材を購入しています。そして実は、日本から買い取るほうが少し多いのです。この対日赤字の一方、中国に対しては大きな貿易黒字の状態が続いています。日本から部材を買い、韓国で加工し中国へ輸出、中国は再加工して全世界へ売り出す。こういったグローバルコーポレーションが、サムスンの経営を支えています。

今、日韓の政府首脳が頻繁に行き来していますが、そこで語られる政策課題の一つが、部品や素材を手掛ける日本の優れた企業を、韓国へ誘致しようというものです。すでに入居している企業もあります。これはサムスンにとって、有利な政策です。取引先が日本にいると、人件費や物流費が高くついてしまうからです。日本の優れた技術を移転してくれる政策は、高く評価したいと思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング