サムスンの絶頂期が永続するとは思わない--李潤雨・サムスン電子副会長


--サムスンは電子産業におけるガリバー企業ですが、自国には産業の裾野を成すサプライヤーがいない。これは電子セクターとして産業の厚みと強みを誇ってきた日本とは異なります。日本企業と、系列のような強固なサプライヤー関係を築こうと考えているのですか。

われわれは韓国で製造して、その9割を輸出しています。輸出競争力がないと生きていけないのです。品質と価格競争力のある部品や素材を持つ企業であれば、日本であれアメリカであれ、その製品を採用し、その企業から多くのことを学ばなければならない。この精神は今も変わりません。

日本の電子産業の競争力が落ちていると言う人もいますが、それは一部の完成品にすぎません。部品や素材の強さは、依然として世界に誇るものがあります。日本では中小企業の中にですら、彼らの経営がダメになってしまうと、世界の産業に大きな影響を及ぼすところが存在します。今後もサムスンはそんな日本企業と、協力関係を続けていきたい。

--李会長はいつまで経営の舵を握るのですか。

危機感が強まる経営環境の中、役員陣からの要請で会長に復帰してもらいました。今後について今は話せませんが、近い将来話せるいい機会があると思います。

イ・ユンウ
1946年、大邱生まれ。ソウル大学電子工学科在学中の68年、サムスン電管(現サムスンSDI)に入社。96年サムスン電子代表取締役社長(半導体総括)、2009年にCEO。10年から代表取締役副会長兼理事会(取締役会)議長。技術リーダーであるとともに、日本など海外企業との交渉窓口として活躍してきた。

(聞き手:杉本りう子 =週刊東洋経済2010年5月15日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。