米国制裁で大打撃「ファーウェイ」の次の一手

売上高は2期連続減収でコロナ禍中より悪化

ファーウェイの21年1~3月期は減収だった(写真はファーウェイのウェブサイトより)

4月28日、中国の通信機器最大手、華為(ファーウェイ)は2021年1~3月期の決算を開示した。それによると、売上高は前年同期比16.9%減の1500億5700万元(約2兆5074億円)、純利益は同26.6%増の168億4700万元(約2815億円)だった。

四半期業績でみると、ファーウェイの売上高減少は二期連続となる。2020年10~12月期のファーウェイの売上高は前年同期比11.4%減の2182億4700万元(約3兆6469億円)だった。一方で、ファーウェイは中国国内が新型コロナウイルス流行の最悪期にあった2020年1~3月期には、増収を達成していた。

今回の業績について、ファーウェイは同日、「2021年1~3月期も通信事業者向けネットワーク事業は引き続き着実に成長を続けている。コンシューマー事業の売上高減少は、 2020年11月にスマートフォンのサブブランド栄耀(Honor)を売却した影響などによるもので、全体業績は予想どおりだ」と説明している。

世界シェアはどんどん低下している

ファーウェイが減収に陥った主な要因はアメリカの制裁措置だ。 2020年5月と8月に、アメリカ政府はファーウェイへの制裁を強化し、2020年9月15日以降、半導体受託製造世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)などはファーウェイへの半導体チップの出荷を停止せざるをえなくなった。このチップ不足の危機の下で、スマートフォンの市場シェアで世界トップ3の一角を占めていたファーウェイは大打撃を受け、2020年は同社のスマホの売上高は減少となった。

本記事は「財新」の提供記事です

市場調査会社のカウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチのデータによると、ファーウェイのスマホの販売台数は2020年8月より減少し始め、その世界シェアは2020年4~6月期の20%から7~9月期には14%、さらに10~12月期には8%へと下落した。本拠地の中国市場でも、ファーウェイのシェアは今年3月には15%に低下した。これは、vivo(ビボ)の24%、OPPO(オッポ)の21%を下回っている。

スマホ事業が縮小するなかで、ファーウェイは新たな収益源を求めている。ファーウェイは中国の中堅商用車メーカー「重慶小康工業集団」傘下で、EV(電気自動車)製造を手がける「重慶金康賽力斯汽車(セレス)」とコラボしたSUVタイプのEV「セレス・ファーウェイSF5」を自ら販売すると発表。セレスは、4月23日にそのオーダーが2日間で3000台を超えたと発表した。(詳細は、「ファーウェイとコラボEV、2日で3000台の衝撃」を参照)

(財新記者:張而弛)
※原文の配信は4月28日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT