ディズニーアニメ立役者の「大逆転」人生

ディズニーをクビ→ジョブズの下で大復活!

大学は、アニメーション学部が創設されたばかりのカリフォルニア・インスティテュート・オブ・ジ・アーツ(キャルアーツ)へ別大学から編入。そこで教えを受けたのは、ディズニーをリタイアした才能あるアニメーターらだった。

卒業後、めでたくラセターもディズニーのアニメーションスタジオの一員となる。だが上述したように、間もなくクビに。その彼を拾ったのが、ジョージ・ルーカスが経営するルーカス・フィルムだった。そのグラフィックス部門には、現在のコンピュータアニメーションの基礎を作ったエド・カットマルやアルヴィー・レイ・スミスら後の大物が在籍していた。

この部門は1986年にルーカス・フィルムから分離し、スティーブ・ジョブズが大株主になった。ジョブズが、自ら創設したアップル・コンピュータを追われた後のことだった。独自のアニメーション技術を搭載したハードウエアを販売したり、他社のコマーシャル・フィルムを製作していたりしたピクサーは、一時は経営危機にも見舞われた。しかし、1995年に公開された『トイ・ストーリー』のヒットをきっかけに、大きな挽回を図っていく。現在は、ディズニー・スタジオの一部門となっている。

ジョブズとも近かったラセターは、ジョブズがある時、こう言ったのを覚えているという。「アップルでコンピュータを作っても、製品はよくもって2~3年だろう。5年もすれば、ドアの重しになってしまうだけだ。けれども、映画には永遠の命がある。だから、いいものを作らなきゃならないんだ」。

人間の歴史にはいつもストーリーの存在があった。先端テクノロジーと、ラセターのような才能あるクリエーターがストーリーを生み出す時代に生きるわれわれは、幸運である。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT