ディズニーアニメ立役者の「大逆転」人生

ディズニーをクビ→ジョブズの下で大復活!

笑いや涙、スリルや喜びもちりばめられ、われわれは絵に描かれただけの昆虫やモデルカー相手だということも忘れて、すっかり感情移入をしてしまうのだ。コンピュータアニメーションは、手描きのアニメーションでは不可能な表現力も有していて、大人も子供もそんな別世界に浸って、精神を浄化することを許してくれるのである。

ラセターは、アニメーション映画を作る際に見極めることがふたつあると述べている。ひとつは、映画の核心となる「ハート」がどこに根差しているのかということ。ハートは主役のキャラクターの中にあり、その主役の成長と共にずっとそこにあり続ける。

もうひとつは、映画が描く世界が「自分もそこにいたい世界か」ということ。コンピュータのテクノロジーはどんなことも描き出せる。そしてストーリーや登場人物もどんどん変化する。「けれどもそのふたつは、最初にしっかりと見定めなければならないんだ。なぜならば、すべてのものがそこから派生するから」と彼は語っている。これは言葉を変えれば、作品で伝えたい世界観は頑強でなければならないということだろう。

核心はテクノロジーにはない

また、いくらコンピュータアニメーションと言っても、本当のストーリーを語るのはテクノロジーではないと強調する。「テクノロジーだけで見る人を楽しませることはできないよ。大切なのは、それを使って何をするかだ」。

その点で、ラセターはかつてアートスクールで学んだアニメーションの基礎を、今でも参考にしているという。手描きのアニメーション時代に教え込まれた人物ドローイングやパースペクティブの描き方、色彩論、ストーリーの組み立て方といったことだ。インターネットやテクノロジーを使ったビジネスを考える人々にとって、ラセターが説くものづくりの基礎の大切さは胸に刻んでおきたいことだろう。

ラセターは、1957年にロサンゼルス近郊に生まれた。父は自動車ディーラーの部品管理者、母は高校のアートの先生だった。母は、絵を描くことが好きな幼いラセターをいつも励ましたという。

次ページアップル製品の寿命は2年だが、映画は永遠?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT