事業所内託児施設を開設した老舗の菓子会社、子育てしやすい職場が企業の成長を支える


保育時間は8時から17時30分で、料金は勤務日数や給与によって異なる。たとえば乳児の場合、保育料と給食費を含めて最大で月額3万6000円(正社員)、2万6000円(パート)、母子家庭に対しては、50%割引という制度がとられている。

総敷地面積は1512平方メートル、施設としては園舎と園庭、菜園などを有する。園舎の建築面積は314.2平方メートル、建物の建築様式はオーストリアの思想家・シュタイナーの教育理論を採り入れた造りとした。

 シュタイナーが提唱する人智学に基づいた教育思想は「ヴァルドルフ教育」と呼ばれている。思想を実践するために「国際ヴァルドルフ学校連盟」が結成されており、ヨーロッパを中心に普及している教育法である。日本では連盟に加盟する学校や教育施設は数少ないが、思想の一部を採り入れているケースは少なくない。

さて園舎内を紹介すると、吹き抜けのメインホールとオープンキッチンを中心に、平均24平方メートルの保育室4室が用意されている。すべての部屋に木をふんだんに用い、床暖房を入れるなど、視覚的・触覚的にも温かさが重視されている。

特徴的なのは、シュタイナー理論に倣って、乳幼児のそれぞれの成長過程に合わせた施設造りをしている点だ。たとえばおむつのとれていない乳児と自立して洗面ができる幼児向けに、洗面や手洗を2カ所設置したり、各部屋のインテリアに園児が安心できる色使いや、木や手作りの遊具を用いるなど、設備面の充実ぶりには目をみはるものがある。

通常の託児施設や保育園では、園児たちが集団生活に対応できるように教育されることが多いが、同園では、家庭的な温かさを大切にしている。園の教育目標について、園長の池本加奈氏はこう語る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。