明治の偉人が「野球害毒」叫んだうなずける背景 新渡戸稲造らが批判、「ゲーム脳」と繋がる論調

拡大
縮小
かつて野球害毒論が広がった背景を解説します(写真:dramaticphotographer/PIXTA)
人気スポーツの1つである野球。ただ明治時代には、新渡戸稲造や乃木希典などの著名人が、野球は社会や若者に悪影響を与えると猛批判していました。なぜなのでしょうか。近著に『奇書の世界史』がある奇書研究家の三崎律日氏が解説します。
前回:英国知識人を見事に騙した「嘘の台湾誌」の内容

新渡戸稲造、乃木希典らが東京朝日新聞上で批判

『野球と其害毒』は、1911年8月29日から9月19日まで、「東京朝日新聞」紙上で掲載された連載コラムです。アメリカよりもたらされ、日本で熱狂的ブームとなっている「野球」なる運動への批判をまとめたものです。連載の第1回目に新渡戸稲造を迎えたことで巷間に大きな論争を巻き起こしました。

新渡戸のほかにも、旧陸軍大将にして当時の学習院長の乃木希典や、東京大学医科整形医局長の金子魁一などそうそうたる顔ぶれです。彼らはいずれも、「野球」なる遊戯が、社会や若者にとっていかに悪影響となりうるかをそれぞれの立場から論じています。各回の小見出しだけをかいつまんでみても、

「巾着切り(スリ、泥棒)の遊戯」第一高校校長 新渡戸稲造
「全校生の学力減退」攻玉社講師 広田金吾
「徴兵に合格せぬ」順天中学校校長 松見文平
「選手悉く不良少年」曹洞宗第一中学校校長 田中道光
「必要ならざる運動」学習院長 乃木希典

このように、非常に強い言葉で批判を浴びせています。何より連載第1回目の新渡戸稲造の談話は世間に大きな波紋を起こしました。というのも当時、新渡戸が校長を務める第一高等学校は、自校内に野球部を持つうえ、早稲田、慶応と並ぶ強豪校として名高かったからです。

次ページ新渡戸稲造の批判の中身とは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT