「学校にカネを積む人」を笑えない親たちの実態

世界で過熱する教育の“不都合な真実"

シンガポールは国際学力テストであるPISAでつねに上位にランクインし、教育移住の多い国としても知られる。また5世帯に1世帯が外国人の住み込みメイドを雇っており、共働きがしやすい国というイメージもあるのではないか。かつて日本を見習おうとしていた時期もあったシンガポールだが、今や日本が見習う国かのように見える。しかしはたしてすべてがうまくいっているのだろうか。

シンガポールに住んで4年。まだまだ新参者ではあるが、この連載では、生活者として子どもをローカル幼稚園に入れて暮らす中で、そして研究者の卵としてシンガポール人にインタビューをして回った記録から、シンガポールの景色を書いてみたいと思う。

シンガポールの親たちの証言

今後この連載で紹介していく内容を一部先出しすれば、シンガポールの親たちからは次のような事例が見られる。

証言1:第一子を妊娠した途端に、いい小学校に入れる学区に家を買ったの。私は本当に典型的なシンガポール人だから。いい小学校に行けば、いい中学に行きやすい。(30代女性)
証言2:子どもは何回かチャイルドケア(保育園)を転園しているんだけど、その理由は前のところはゆるくて勉強面が心配だったから。中国語や算数をやってくれないと困る。(30代女性)
証言3:メイドと子どもを2人きりにはしない。私は根底のところで彼女たちのことを信じていないから、頼むのは家事だけ。ましてや教育は任せられない。(60代女性)
証言4:息子は「トップスクールに行くと周りにいるのは友達じゃなくてライバル」と言っていた。息子の中学はいちばんいい中学ではないけど、それなりに名前があり、クラスで働いている親は私ともう1人くらい。(40代女性)
証言5:昔は外遊びやサッカーとかもさかんだったけど、今は、みんな点数稼ぎのためにやっている。すべてが手段化していて、合理的すぎる。(60代男性)

もちろんシンガポール人が全員、教育競争で血眼になっているわけではない。階層や人種の差もあるし、たとえば同じ中華系の大卒層の中でもかなりの多様性はある。個人の中でも、競争システムに巻き込まれていくことに対して、本音のところでは「点数だけが大事ではない」「子どもには幸せになってほしい」と疑問を覚えながらも、致し方なく子どものお尻をたたいているというケースも多い。

そこにある葛藤や試行錯誤も含め、日本への示唆になるのではないか。日本は専業主婦前提社会から徐々に共働き社会に移行をしつつあるが、そこでミドルクラスの共働き家庭がぶつかる課題は、他国と同じように「子どもの教育」になっていくのだろうか。

そこでの夫婦の役割分担とはどのようになっていくのか。そしてシンガポールに集まってくるさまざまな国籍の人たちと出会って見えてきた、世界の教育の今後とは。本連載では、北緯一度から見える親たちのリアルと世界の教育競争について、レポートしていく。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT