子どもの「MRI検査」に台本ができた深い理由

最初は「恐怖の対象」でしかなかったが…

幼い子どもたちにとってMRIは恐怖の対象でしかありませんでしたが…(写真:Ushico/PIXTA)  
言葉を尽くしてもなぜ、相手に伝わらないのか?
「言いたいことを伝える」ためにはロジカルな考え方や会話の仕方が必須です。
BCG、アクセンチュアで19年間トップ経営コンサルタントをつとめた三谷宏治氏の著書『〔新版〕一瞬で大切なことを伝える技術』では、ロジカルに「考える・話す・聴く・議論する」技術が解説されています。
本稿では、同書から一部を抜粋しお届けします。

MRIは子どもたちにとって恐怖の対象だった

骨だけでなく、筋肉や臓器、血管を映し出せるMRI(核磁気共鳴画像法)装置は、1980年代に実用化され、世界に広まりました。これまで重症化するまで発見しづらかった病変(脳腫瘍や、子宮・卵巣・前立腺といった骨盤内の病変など)の発見・診断に、画期的な進歩をもたらしました。その世界シェア2位を誇るのがGE(ゼネラル・エレクトリック)です。

機器の性能向上や小型化に各メーカーがしのぎを削っていたある日、GEの技術主任ダグ・ディーツは病院のMRI検査室を訪れます。検査技師にヒアリングをするためでした。しかしそこで彼が見たのは、子どもたちが必死で泣き叫ぶ光景だったのです。

幼い子どもたちにとって、今から自分たちが縛りつけられ内部に通されるMRIの巨大で冷たい姿や、それが発する「ガンガン」という強烈な騒音は、恐怖の対象以外の何物でもなかったのです。その病院ではたった10分の検査のために、9割もの子どもに鎮静剤が打たれていました。

ディーツは自分のなすべきことが、機器の性能向上や小型化ばかりではないことを思い知ります。

次ページ子どもの専門家たちとのGEの取り組み
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT