「生きる歓び」を取り戻す「資本論」の使用法

矛盾していても手放したくない「身体感覚」

のどごし爽やかな感覚と、消費への欲求の違いとは(写真: Steve Allen/PIXTA)
「新自由主義」に奪われた「魂や感性」を取り戻すという視点から書かれた『資本論』入門書で、ベストセラーとなっている政治学者・白井聡氏の著書『武器としての「資本論」』。

『大杉栄伝 永遠のアナキズム』『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』『死してなお踊れ 一遍上人伝』などの著書で知られる政治学者の栗原康氏が同書の魅力を読み解く。

「水の民営化」がインドで引き起こした事件

いまから十数年前、インドのムンバイに行ったことがある。新自由主義に反対する人たちが世界中から集まってくるというので、面白そうだと思って行ってみたのだ。世界社会フォーラムだ。

『武器としての「資本論」』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

『武器としての「資本論」』の「第4講」で解説されているように、新自由主義というのは、この世界のあらゆる領域を資本が包摂してしまうということだ。教育、医療、電気、ガス、水道、道路、郵便、農業。誰がどう見ても金儲けになじまないところまで利潤追求が求められる。問題続出だ。

日本だけではない。世界中で同じ問題が起こっていた。それならせっかくだし情報共有をして、気の合う人がいたら一緒に行動したらどうですかと。フォーラム開催だ。

行ってみると無数のテントブースが用意されていて、数十人規模から、数百人規模、大きいものでは千人くらいあつまって連日、集会がひらかれていた。

中でもでもいちばん盛りあがっていたのは当時、インドで問題になっていた「水の民営化(プライバタイゼーション)」だ。本書でもそれまで無料だった水がペットボトルで売られはじめたときの衝撃を語っているが、インドでは状況はさらに深刻だ。多国籍企業が水を独占して、わが物顔で売りはじめる。私有化(プライバタイゼーション)だ。

実はこの時点で、コカ・コーラ社がある地域の地下水をすべてくみとって、井戸水を枯渇させるという事件がおこっていた。

次ページだって、ムンバイだよ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT