上杉謙信の美談「敵に塩を送る」実は打算だった

そもそも武田信玄に無償で送った史実はない

上杉謙信にまつわる古語「敵に塩を送る」の真相に迫ります(写真:ちゃりメラマン/PIXTA)
戦で敗けたことがほとんどなく、「戦国最強」とうたわれる越後(新潟)の武将、上杉謙信。「義」に厚い人物だったと言われる上杉のエピソードとして有名なのが「敵に塩を送る」。今川、北条による塩留めによって、塩不足に陥った甲斐国の宿敵・武田信玄に塩を送って助けたという内容だ。ただ、敵に無償で塩を送ることを本当にしたのか、疑問の声もある。実際はどうだったのか。新著『謙信越山』を上梓した歴史家の乃至政彦氏が解説します。
前回:上杉vs武田「川中島」宿敵対決が持つ歴史的意味
前々回:戦国最強の上杉謙信が「義の心」貫いた深い理由

本当に敵国に無償で塩を送った?

「敵に塩を送る」の古語はご存知だろう。念のため簡単に説明すると、海に面していない甲斐の武田信玄に対し、周辺大名が塩の輸出を停止して、彼らはその宿敵である越後方にも声をかけた。だが、越後の上杉謙信はこれに与することなく、武田領へ塩を送った。その逸話に因む古語である。

ただし、この古語に対して「戦国大名が敵国に無償で塩を送るなど、ありえないのでは」と疑問に思う人が多い。

私もこれに同意するが、「だからこの逸話は史実ではない」と言う声や「事実は逆で、謙信はこの機に乗じて高値で売りつけたのだ」という声には、「NO」と首を横に振っている。これらは逸話の中身を確かめず、言葉への印象だけで雑感を述べているに過ぎないからだ。

答えは、逸話の出典史料を探ってみると、意外なほどあっさりと書かれてある。そこで今回は、古語の基になった逸話の起源を見るとともに、史実との照らし合わせを行なって、その真偽を探っていこう。

次ページことわざとして使われたのは明治から昭和
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT