東大の入試問題を「初見」でもラクに解くコツ

知らないことは「似た事柄」に置き換え考えよう

「未知の問題」を解くコツをご紹介します(写真:zak/PIXTA)
入試改革が進み、「読解力」「思考力」「表現力」といった力が必須となっている昨今、教科書に載っている基本的な知識を使い、考えることを要求する問題も出題される傾向にあります。
こんなとき、「見たことがない問題だから解けない」「どこから手をつけていいかわからない」となる子も多いかもしれませんが、人気の国語教室を運営する善方威氏によると、「初見」の問題でも知っている知識をうまく“スライド”させて考えることで解けるケースがほとんどだといいます。「未知の問題」をどう解くか? そのコツを紹介します。
※本稿は『全試験対応! わかる・書ける・受かる 超思考力』より一部抜粋・編集したものです

学校で習った知識だけでは対応できない

2020年度から小学校で始まった新しい「学習指導要領」では、これまでの知識や技能に加えて、「思考力・判断力・表現力」や「学びに向かう力・人間性」を育てることが大きな柱として示されました。

また、2021年1月に実施された「大学入学共通テスト」では、思考力を問う問題が一定数出題されました。しかし、このような思考力を重視する傾向は、すでに東京大学の入試問題などではおなじみです。

具体的に解説するために、実際の入試問題を一緒に見てみましょう。
以下、東京大学の日本史で出題された入試問題を要約してお示しします。

<問題>
松前藩は、江戸時代にアイヌとの交易権を幕府に認められていた。それはなぜか。
(東京大学 日本史 平成16年 類題)
次ページ解答例は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT