「技術革新の追求を礼賛する人」に伝えたい真実

失敗例は多数!机上の空論より優先すべきこと

失敗に終わったイノベーションの代表格である高速増殖炉。日本も巨額の資金を投入したが、実用化できなかった(写真:岡田広行)
世界のリアルな姿を捉えるには、数字をチェックするのがいちばんわかりやすい。ただし、参照した指標や数字の受け止め方によってその姿が大きく違って見えてしまうこともある。今回はイノベーションと製造業に関する分析について、バーツラフ・シュミル氏が新著『Numbers Don’t Lie』を基に解説する。
前回:「北欧は幸福度が高い」と思う人に教えたい真実

イノベーションを崇拝するのは間違い

現代社会はイノベーションにとりつかれている。2019年末の時点で、グーグルの検索エンジンで「イノベーション」というワードを検索すると、そのヒット件数は32億1000万件で、「テロリズム」(4億8100万件)、「経済成長」(約10億件)、「地球温暖化」(3億8500万件)といったワードのヒット件数を軽く超える。

この現象からもわかるように、イノベーションがありとあらゆる扉をひらくと現代人は思い込まされている。これからは寿命が100歳をらくに超えるようになり、人間の脳とAIが融合して意識を共有できるようになり、太陽エネルギーだって実質無料で利用できるようになるはずだ、などなど。

こんなふうにイノベーションをあがめたてまつって、なんの疑念も差しはさまずに信じ込むのは、2つの理由でまちがいだ。

第1に、これまで莫大な研究費を費やしたあげく失敗に終わった大規模基礎研究が多々あるというのに、その事実をまるで無視しているから。

第2に、私たちには、もっと優れた行動方針があるとわかっていながら、それより劣る行動をつい習慣として続けてしまう傾向があるのに、その事実を見て見ぬふりをしているからだ。

そうした失敗に終わったイノベーションの第1のカテゴリーに分けられる代表格は、やはり高速増殖炉だろう。発電しながら消費した以上の核燃料を生成するという触れ込みだったものの、結局、長々と莫大なコストを食うばかりでほとんど稼働せず、イノベーションの失敗例となって終わったのである。

次ページ各国政府が巨額の公的資金を投入
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT